映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から新たな予告編が公開され、本作で重要な役割を果たす不思議な魔法動物(ビースト)たちが暮らす、美しく壮大な世界が明らかになった。

 本作の主人公は、魔法の力を持つ動物たちを調べ、保護している魔法動物学者のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。ある日、魔法動物たちをおさめたニュートの魔法のトランクが、人間のものと取り違えられたことをきっかけに、動物たちが一斉に人間の世界へ逃亡。動物たちを追跡するニュートはやがて、人間界と魔法界の存亡をかけた大事件に巻き込まれていく。

 公開された予告編では、巨大な動物たちが詰まった不思議なニュートのトランクの中が明らかに。そこには雄大な自然に囲まれた世界が存在しており、生きる植物のようなニュートの相棒ボウトラックルや、巨大なライオンのような生き物など、さまざまな動物たちが生き生きと暮らすさまを捉えた映像は実に幻想的だ。

 また、動物たちが人間の暮らす都市を駆け回る様子や、ニュートと仲間たちが動物を保護する様子に加え、強大な力を持つサイに似た動物エルンペントの姿も初公開。すご腕魔法使いのグレイブス(コリン・ファレル)とニュートによる、大迫力の魔法対決シーンも映し出されており、豪華で美しい魔法の数々を観る日が楽しみになる映像に仕上がっている。(編集部・入倉功一)

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日より全国公開