俳優の福山雅治が1日、都内で行われた映画『SCOOP!』初日舞台あいさつに登場、客席は「ましゃー!」と福山の愛称を呼ぶ声で大賑わいになり、福山は「モテとるなぁ〜今日も」と自画自賛でご満悦だった。お返しに「こんなにかっこいい映画を観に来てくれたあなたは最高!」と呼び掛けて観客を喜ばせた。

 本作は、写真週刊誌「SCOOP!」のパパラッチ(福山)とド新人記者(二階堂ふみ)のデコボココンビが独占スクープを連発する中、やがて一枚の写真をきっかけに日本が騒然となるさまを描いたスリリングなエンターテイメント映画。

 ファンの黄色い歓声を浴びながら、二階堂、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー大根仁監督と登壇した福山は「映画1回目ですよね? もちろん、2回目3回目もよろしくお願いします!」とのっけから興奮気味にリピート鑑賞をリクエスト。自信作で演じた役柄は「自分でも見たことがない感じだった」そうで、「良いなと思いました」と思わず笑みをこぼした。

 撮影エピソードに話が及ぶと、吉田は福山と居酒屋で立ち話をするシーンを挙げ、「撮影初日から監督の1,000本ノックを受けました。何をやっても『はい、カット。もう一回行きま〜す』となるけど、何が良くなかったのかを言ってくれない」と吐露。福山も「(監督)今日、機嫌悪いんじゃないですかね」と思ったと明かしたが、大根監督から「二人の関係性が大事なので、その空気が出るまで待っていた」と説明されるや、「未熟者ですみません」と謝罪して笑いを誘った。

 タイトルにちなんで自身のスクープを尋ねられた福山は「黒柳徹子さんとメールアドレスを交換したことがうれしくて、わりとメールを送らせていただいています」と意外な事実を告白し、二階堂は「未だに小学校5年生の時に買ったスカートを着ています」と打ち明けていた。(取材:錦怜那)

映画『SCOOP!』は公開中