元AKB48出身のFカップグラドル平嶋夏海のファースト写真集「ナツコイ」の出版記念記者会見&読者イベントが2日、福家書店 新宿サブナード店で行われ、笑顔を振りまいた。

 平嶋にとってのファースト写真集となる「ナツコイ」は、真夏の北海道・夕張や小樽などを舞台に、少女から大人へと急成長を遂げる平嶋夏海24歳の“いま”を詰め込んだ「オール撮り下ろし」の一冊となった。バスト88センチFカップというグラビア界随一の肉感的フルボディーをこれでもかと詰め込んだ。

 今回の写真集について「今まではキャピキャピしていることが多かったけども、今回は大人っぽくしていただきました」と振り返る平嶋。一糸まとわぬ裸体に、体育座りのような格好でバストトップを隠すという表紙の写真は、どこかAKB48でのスピンオフユニット「渡り廊下走り隊」で一緒のメンバーだった渡辺麻友の写真集「まゆゆ」の表紙に似ている…? という声に「候補はいろいろあったんですけど、表紙をこの写真にすると決まってから、そういえばちょっと似ちゃったかなと思いました。まゆゆは“服を着ていたけど着ていない風”でしたけど、わたしは履いてませんよという感じになっちゃいましたね」と笑う。

 表紙も含めて露出が高めの写真を多数収録しており、「恥ずかしかったですね」と照れくさそうにする平嶋は「表紙はカメラマン以外の男性スタッフには出てもらって、女性スタッフとわたしだけで撮影しました」と述懐。「もっと細ければいいのにとは思いますけど」と笑いつつも、「写真自体はキレイに撮ってもらえて。カメラマンさんには感謝ですね」と満足げな顔。AKB48の同期だった駒谷仁美や大島麻衣からは「スケベだな〜」と言われたという。

 2012年に人気アイドルグループAKB48卒業後、『メイクルーム2』『女ヒエラルキー底辺少女』など主演映画が続々と公開され、アイドルから女優への道をひた走る平嶋。今後、露出の高い役でオファーが来たら? という声には「まだトップは出してないですし、出す予定はないので、出さない役ならギリギリまで大丈夫です。オファーを待っています!」と笑顔を見せた。

 またAKB48卒業の意志を固めたという報道があった島崎遥香についてコメントを求められると、「ひとりでやるのはさみしい事もあるけど、ぱるるは精神力が強いので大丈夫だと思います。頑張ってほしいです」とエールを送った。(取材・文:壬生智裕)

平嶋夏海ファースト写真集「ナツコイ」は発売中(3,000円+税)