映画『ジュラシック・ワールド』のブライス・ダラス・ハワードとクリス・プラットの仲が悪く、続編の撮影スケジュールに遅れが出るかもしれないとの報道を本人たちが否定した。

 あるファンがTwitterでブライスに、「ブライス、クリス・プラットとケンカしているの? わたしはあなたたちと『ジュラシック・ワールド』の大ファンなので、二人とも出演してくれるのを願っているわ」と伝えると、ブライスは即座に返信。「あのうわさはまったくのうそよ! わたしはクリスを崇拝しているわ! 撮影は来年からで、待ちきれない!!」と不仲説を否定した。これを見たクリスは「僕も大好きだよ、ブライス! 今、台本を読んでいるところだ! 最高だよ! 第2ラウンドだぜ、ベイビー!!」とツイートしている。

 クリスはさらに「人はバカで意地悪だ。うわさを信じちゃいけない。ブライスは僕のスピリット・アニマル(精神の体現者)で、彼女のためなら全力で戦えるし、彼女もそうであるはずだ」と続けている。

 『ジュラシック・ワールド』を監督し、続編の『エインシェント・フューチャーズ(仮題) / Ancient Futures』の脚本を執筆するコリン・トレヴォロウは続編について「前作よりももっとサスペンスに満ちていて、恐ろしくなる」とコメントしている。(澤田理沙)