英テレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」が第4シーズンで終わるかもしれないと、ベネディクト・カンバーバッチが英GQ誌のインタビューで語った。

 「正直なところ、一つの時代の終わりといった感じがする。(第4シーズンは)すぐに続けるには難しいところに行き着いている」とコメント。ファンにとっては残念だが、絶対に続編がないと言っているわけではないという。「またぜひ(シャーロックを)演じたいと思うし、今後も演じ続けていきたい。その気持ちは変わらないけど、直近では、みんなほかにやりたいことがあるし、かなり完璧なものに仕上げたから、状況を見てという感じになると思う。二度と彼を演じないというのはしゃくに障るしね」と語っている。

 クリエイターのスティーヴン・モファットは「第4シーズンが最後になるとしたら少しは驚くけど、それは十分に起こり得るんだ。僕たちは2人の映画スターを抱えている。彼らはこの番組をこんなに長くやる必要はなかったんだけど、自ら望んで戻ってきてくれたんだ」と以前にTelegraphに語っていた。

 第4シーズンでは、ジョンと妻メアリー(アマンダ・アビントン)の親になる準備という初めての経験が描かれるほか、過去の亡霊たちがシャーロックとジョンの人生に忍び寄ることになるという。悪役はトビー・ジョーンズが務め、2017年初めにイギリスなどで放送されるものとみられている。スティーヴンとマーク・ゲイティスによると、これまでになくダークな内容になるそうだ。(澤田理沙)