映画『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日全国公開)に登場する新ドロイドK-2SOの姿を捉えたビジュアルが公開された。『スター・ウォーズ』いえば、R2-D2とC-3PO、ハン・ソロとチューバッカなどの名コンビも見どころの一つ。本作では、このK-2SOと人間の異色コンビを結成する。

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で初登場したBB-8など、可愛いドロイドたちもファンからの支持を集める『スター・ウォーズ』。しかし、本作『ローグ・ワン』に登場するK-2SOは、チューバッカのような長身(2メートル16センチ)で手足は細長く、ボディーカラーはダース・ベイダーのように真っ黒という武骨なデザインが特徴だ。

 メガホンを取ったギャレス・エドワーズ監督は、K-2SOのキャラクターについて「C-3POとは真逆」と説明。神経質でうるさいC-3POとは正反対で、タフで自信に満ちており、忠誠心を持ち合わせたキャラクターだといい、「見た目はドロイドだけど、性格的にはチューバッカに近いね」と男らしい性格であることをにおわせている。

 今回公開されたビジュアルは、一人遠くを見つめる主人公ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)の後ろで、反乱軍の情報将校キャシアン(ディエゴ・ルナ)とK-2SOが目線を合わせている姿を捉えたもの。2人の関係についてディエゴは「キャシアンとK-2SOはお互いのことを長い間知っているんだ。キャシアンはずっと反乱軍にいてとても寂しい人。そんなキャシアンの唯一の友人がK-2SOなんだ」とまさにハン・ソロとチューバッカのようなパートナー同士であると明言している。

 またK-2SOには、実は元帝国軍のドロイドで、キャシアンが再プログラムして反乱軍の仲間となったという設定が。確かにビジュアルに写る彼の腕にも、帝国軍の証が確認できる。そんな過去も2人の絆を確かなものにしているといえそうだ。

 本作は、シリーズの原点『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』へとつながる物語が明かされるサイドストーリー。反乱軍の極秘チーム、ローグ・ワンに加わった女性戦士ジンの葛藤と、銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器デス・スターの設計図を奪う、決死のミッションへの挑戦が描かれる。(編集部・入倉功一)