俳優の山田孝之安藤政信が9日、都内で行われた映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』プレミアムイベントに登壇。日本の映画界をけん引する二人だが、実は本作が初共演。山田は「いつか共演できたらと思っていたので嬉しかったです」とようやく叶った初タッグを喜んだ。

 暴利で金を貸し付けるヤミ金「カウカウファイナンス」の社長ウシジマ(山田)を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落人生を描いた、真鍋昌平の同名漫画が原作の『闇金ウシジマくん』シリーズ。今作では、ウシジマの現在と中学時代を交錯させながら、裏社会で生きることになったウシジマの過去の因縁とルーツに迫る。

 ウシジマにとって最強最悪のライバルである鰐戸三兄弟の長男・一役の安藤は、「深夜放送していた(シリーズ)1作目からの大ファンで、ずっと出たいとやべきょうすけにメールを送っていたので、やっと念願叶って……」と胸中を語るも、なぜか終始へらへらした様子で、「終わっちゃうというのが悲しくて」という言葉にも信ぴょう性が感じられず、山田から「一つくらい本当のことを言ってもらっていいですか?」とツッコまれて苦笑い。

 しかしここでようやく、安藤の口から「山田と共演したかった」と本音らしい言葉が。そして、「ここが出会いの場なので、違う作品でもいっぱいやりたい。今度の作品でガッツリ一緒に戦いたいなと思いました」と呼びかけると、山田も「お願いします」と再タッグを望む姿勢を見せ、ファンの期待をあおった。

 この日は、永山絢斗、間宮祥太朗、高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督が来場したほか、シリーズ過去作品に出演した片瀬那奈、林遣都、柳楽優弥、門脇麦、窪田正孝、菅田将暉からのサプライズコメントも紹介された。

 永山は「歴史ある作品のファイナルに声をかけていただいて、改めて幸せと感じました」としみじみ。間宮も「(ファイナルなので)すべりこみセーフだった」と初参加に笑みをこぼすが、時間のかかる特殊メイクを施していたため、スタッフの中には打ち上げのときにようやく自分に気づいた人がいたことを嘆く場面も。それを聞いた山田は「星のときそうだった。まったく一緒!」と、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』で星役を務めたときの同じ思いを引き合いに出して笑いを誘った。(取材/錦怜那)

映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は10月22日より全国公開