かつて「こども店長」としてCMで人気を博し、すっかりイケメンに成長した加藤清史郎が8日、都内で行われた出演映画『クハナ!』の全国公開初日舞台あいさつに出席して「(これが)最後の小学生役になるんじゃないかなと思います」と語った。

 廃校となることが決まった三重県桑名市の小学校を舞台に、小学生たちがビッグバンドを結成する姿を描いた本作。主人公(松本来夢、久志本眞子)に恋心(?)を抱かれる浅井海斗役を務めた加藤は「海斗君は小学6年生。僕はいま中学3年生なんですけど(笑)、小学生役をやらせていただきました。最後の小学生役になるんじゃないかなと思って、精一杯、頑張って演じました」と振り返る。

 さらに「この映画は、ストーリーを楽しむほかにも、音楽を楽しんだり、さまざまな方向性で見ることができると思うので、今日来ていただいた皆さまも、またぜひ映画館へ足をお運びください」としっかりとした言葉で見どころの幅広さをアピールした。

 NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの幼少期を演じて注目を浴びた松本も「全国公開ということで、今日はワクワクしながら来ました。もっともっとたくさんの方に観てもらいたいです」とにっこり。新人の久志本も「いろんな思いが詰まった映画『クハナ!』の初日を迎えられ、皆さんに見ていただけて、とてもうれしいです」と喜んでいた。

 この日は、加藤、松本、久志本のほか、多岐川裕美、風間トオル、山村美智、伊藤雛乃、大場美奈SKE48)、Chelsy(主題歌)、秦建日子監督、中西康浩エグゼクティブ・プロデューサー、立石一海(作編曲家・ピアニスト)が登壇した。(取材・文:岸豊)

映画『クハナ!』は公開中