千葉県出身のシンガー・ソングライター、ピコ太郎(53)が7日、話題の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)を含む全4曲を世界134か国で配信リリースし、晴れて世界デビューを果たした。

 “ペンパイナッポーアッポーペン”という意味不明なフレーズが印象的な「PPAP」は、ピコ太郎が自身でYouTubeにアップしたところ、女子高生や海外を中心に口コミで広がり、世界のメディアで取り上げられる事態に。さらに、あのジャスティン・ビーバーもTwitterで「お気に入りの動画」と紹介し、爆発的な広がりを見せている。

 このブームにピコ太郎は「ピコ太郎ブーム、驚いております。あまりにもびっくりして右肘がぽきっとなりました、それくらい驚いています」とコメント。公式動画だけでも再生回数2,000万回を突破し、「この2,000万が例えば虫だったら、それは相当口に入ってくるでしょう。そんなレベルでございます」と喜びをあらわにした。

 また、「年末に向けて、できれば紅白も出たいですね。紫組とかも作ってもらってね、いやヒョウ組とかでもいいので、紅白に出たいです。紅白でも、サマソニでも、マディソン・スクエア・ガーデンでもライブをしたいです」と野望を明かし、「ピコ太郎、この年末頑張りますので、応援してください。今後ともピコ太郎をよろしくお願いいたします」と呼び掛けた。(編集部・中山雄一朗)