脳腫瘍を患い病気療養中だったロックバンド BOOM BOOM SATELLITES のボーカリスト、川島道行さんが9日午前5時12分、47歳の若さで他界した。所属事務所のソニー・ミュージックレーベルズが公式サイトを通じて発表した。

 複数にわたる脳腫瘍の再発を闘い、6月22日発売の新曲「LAY YOUR HANDS ON ME」をもって活動を終了することが報じられた川島さん。5月31日に更新された BOOM BOOM SATELLITES の公式ブログではメンバーの中野雅之が「現在、川島道行はミュージシャンとしての役割を終えて家族と共に穏やかな毎日を過ごしています。言葉はゆっくりですが話せます。手足は不自由になってきて車椅子を使う機会も増えました。正確な意思の疎通が難しいので、今彼が何を考えて何を思って毎日を過ごしているのか、僕でも少し理解しきれない時があります」と川島さんの症状についてつづっていたが、その約4か月に帰らぬ人となった。

 BOOM BOOM SATELLITES は1990年に結成し、1997年にデビュー。アニメ映画『APPLESEED アップルシード』(2004)の音楽を手掛けたことでも知られており、テレビアニメ「キズナイーバー」(2016)のオープニング曲に起用された「LAY YOUR HANDS ON ME」が、事実上 BOOM BOOM SATELLITES 最後の作品となった。

 所属事務所によると通夜並びに葬儀は近親者・関係者のみで執り行い、後日ファンに向けた「お別れの会(仮称)」を行う予定だといい、メンバーの中野が公式サイトに追悼コメントを寄せている。(編集部・石井百合子)

<BOOM BOOM SATELLITES 中野雅之コメント全文>

10月9日午前5時12分、BOOM BOOM SATELLITESのボーカリスト川島 道行が旅立ちました。

ようやく不自由な身体から解放されて、今頃は世界中を飛び回っているのではないかと想像しています。

悲劇ではなく人生のゴールとハッピーエンドを手に入れた瞬間でした。
今迄沢山のファンに愛され、歩んでこれた川島道行とBOOM BOOM SATELLITESは本当に幸せ者です。

川島道行に代わって改めてファンの皆様、今迄携わって頂いた関係者の皆様に感謝の意を伝えます。

「今迄支えてくれてありがとう。これからも僕たちが創った音楽を、

共に過ごした時間と記憶を大切に、力強く生きていってください。」

「そして、最後に一言だけ言わせてください。ブンブンサテライツでした!!」