映画『ダイバージェント』のシャイリーン・ウッドリーが米ノースダコタ州でデモに参加し、逮捕されたと E! News などが報じた。

 シャイリーンが参加したのはノースダコタ州とイリノイ州を結ぶダコタ・アクセス・パイプラインの建設をめぐるデモ。建設予定ルートにはアメリカ先住民のスタンディング・ロック・スー族の居留地と古墳があり、座り込みのデモが続いていた。

 駆け付けた警察の指示に従い、車に戻ろうとしたシャイリーンだったが、突然逮捕され、一緒にいた母親が一部始終を Facebook Live でライブストリーミングしたという。逮捕理由は不法侵入だったそうだが、その場にいた100人以上のうち、逮捕されたのは彼女を含め27人だけだったそう。なぜ自分が逮捕されるのかと警官に聞くと「身元が明らかだから」との答えが返ってきたという。

 シャイリーンの代理人によると、彼女はノースダコタ州のモートン郡刑務所からすでに釈放されたとのこと。シャイリーンは心配してくれたファンに感謝し、今後も続くダコタ・アクセス・パイプラインの建設をめぐる闘いに対するサポートにも感謝しているとパブリシストはコメントしている。(澤田理沙)