時事問題を取り上げることで知られる米テレビシリーズ「LAW & ORDER ロー&オーダー」が、ドナルド・トランプ米大統領候補の女性蔑視スキャンダルに似たエピソードを放送するとDeadlineなどが報じた。

 取り上げるのは「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」。ゲイリー・コール演じる大金持ちで間抜けな政治家が大統領選に出馬しようとするが、彼に対し、何人もの女性が性的な嫌がらせを受けたと名乗り出たため、選挙活動がめちゃくちゃになるらしい。

 米放送は10月26日(現地時間)で、ヒラリー・クリントンとトランプ両大統領候補による最後の討論会の1週間後になる。米大統領選の投票日は現地時間11月8日であるため、このエピソードが支持率、選挙結果に影響をもたらすかが注目される。(澤田理沙)