世界的大ブームとなっている千葉県出身のシンガー・ソングライター、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が、YouTubeの「ミュージック全世界トップ100」(9月30日〜10月6日付)で、日本人初となる第1位を獲得した。

 “ペンパイナッポーアッポーペン”という意味不明なフレーズが女子高生や海外を中心に口コミで広がり、あのジャスティン・ビーバーもTwitterで「お気に入りの動画」と紹介するなど、爆発的な人気を見せているピコ太郎。集計期間1週間での累計再生数はなんと1億3,400万回(関連動画を含む)で、2位に約倍の差をつけた。

 ザ・チェインスモーカーズ(2位)、カルヴィン・ハリス(5位)、アリアナ・グランデ(7位)ら世界の音楽チャートをにぎわす名だたる人気アーティストを抑えての1位獲得に、ピコ太郎は「なんですかこれ。。今、驚きすぎて実家が三つになりました。もうそんなレベルです。敷地は増えてないですけど。とんでもないことです」とビックリ。

 「もうちょっと頑張ってまだまだピコ太郎、張り切って歌って踊っていきますので、今後とも応援をよろしくお願いします!」と呼び掛けた。ピコ太郎の快進撃はまだまだ続きそうだ。(編集部・中山雄一朗)