人気声優の小野大輔とM・A・Oが14日、都内で行われたアニメーション映画『GANTZ:O』の初日舞台あいさつに出席し、「あの俺たちの好きなGANTZ がこれだけのクオリティーでここにあるということがうれしい」(小野)、「見終わった後言葉が出ないくらいすてきな作品。役者として携われて本当に幸せ」(M・A・O)と完成度の高さに感激の表情を見せた。

 死んだ人間と謎の星人とのバトルを描く奥浩哉によるコミックを基に、人気の高いエピソード「大阪篇」をフル3DCGで映像化した本作は、加藤勝をリーダーに東京と大阪のガンツチームがタッグを組み、妖怪軍団に立ち向かうさまを描く。舞台あいさつには小野、M・A・Oのほか、郭智博、池田秀一ら声優陣と、川村泰監督、さとうけいいち総監督、本作の応援団としてシリーズの大ファンだというグラビアアイドルの橋本マナミ、GENKING、リオ五輪女子48キロ級レスリング金メダリストの登坂絵莉選手も登壇した。

 小野は完成した作品について「一役者としてもそうですが、一GANTZ ファンとしてありがとうって思いました。とてもスタイリッシュですし、どういう作品になるか実感がわからなかったんですけど、観てみて『あ、これGANTZ だ』って思いました」とうれしそうな表情。GANTZ ファンのGENKINGも小野が声を担当する加藤について「かっこよくてそこばかり見てしまいました。加藤推しですね。加藤のような彼を作りたい」とうっとりしていた。

 金メダルを手に登場した登坂選手は戦闘シーンにプロの視点で切り込み、「ぬらりひょんと戦ってみたい」と大胆発言。「(ぬらりひょんは)棒立ちのことが多いのでわたしのタックルなら簡単に倒せると思います。(戦う人も)こうやって動けばいいのに、わたしならもっと横にいくなとか、そういうことを考えながら見てしまいました」と対抗心むき出しのコメントで会場を沸かせた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『GANTZ:O』は公開中