俳優の松田龍平&翔太兄弟の妹でエレクトロニック・ミュージック・ユニット Young Juvenile Youth として活躍するゆう姫(ゆうき)が出演している体感型アートフィルム「KAMUY」の予告動画が公開され、ゆう姫演じる女神の姿が明らかになった。

 俳優の村上淳と歌手のUAの息子である村上虹郎も出演し、故・松田優作さんと松田美由紀の娘であるゆう姫との二世タレント共演が実現している本作。森羅万象や母性の象徴としての女神(ゆう姫)により、攻撃性の象徴である盲目の男性兵士(村上)に宿った胎児が見て感じた記憶の世界を描くという奇想天外な設定が特徴的だ。

 今回お披露目された映像では、独特の衣装を身にまとった村上のお腹が大きく膨らんで妊婦となっている姿や、ベールをかぶったゆう姫がオーラをまといながら女神を熱演する姿が同ユニットの音楽にあわせて映し出されている。

 作品のコンセプトでもある、新感覚のCG技術と斬新な脚本アイデアを凝縮した「脳内革命アートフィルム」という言葉通り、これまでにない映像が次々と飛び出してくるこのショートフィルムは、天井に設置されたスクリーンに映るムービーを仰向けになって鑑賞するという、全身で映像を体感できる仕掛けを用いて上映される予定だという。(編集部・海江田宗)

アートフィルム「KAMUY」は10月29日、30日に代官山ヒルサイドプラザにて公開予定