俳優の佐藤健が15日、都内で行われた映画『何者』初日舞台あいさつに山田孝之と共に登壇し、山田からのラブコールを再三拒絶した。この日は、有村架純二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、三浦大輔監督も来場した。

 ステージ上では、本作の内容にそったゲームを実施。「就活で一番早く内定をもらいそうな人は誰?」という質問に、佐藤を指差す菅田は「健くんは本気を出したら何でもできるからね。クレバーな部分もありますし、人当たりの良さも含め、このフェイス!」と説明し、観客から同意の拍手をもらった。

 また、「ルームシェアをするなら誰?」と聞かれた佐藤は菅田をチョイスするも、理由は「消去法」だそうで「山田孝之とは絶対に無理だよね」とぶっちゃける場面も。しかし、山田は佐藤を選んでおり、「俺、お前指したよ」とポツリ。佐藤が「無理でしょ、そんなの絶対」とつぶやく中、菅田は「(山田が)振られた(笑)」と面白がっていた。ちなみに、山田が佐藤を選択した理由は「全く干渉せずにいられるかな」というものだが、佐藤は「気ぃ遣うよ、こっちは」とピシャリ。山田のラブコールは受け入れられなかった。

 朝井リョウの直木賞受賞小説を原作に、就職活動を通して自分が何者かを模索する5人の大学生たちの姿を描いた本作。主人公の冷静分析系男子・拓人を演じて「芝居というものに真摯に向き合えた」という佐藤は、「役の人生を生きている実感はあるけど、芝居をしている実感がないような役が多い中、今回は三浦監督のもと、最高のメンバーと芝居をしたという実感が強く、俳優としてとても実りのある時間でした」としみじみ語った。(取材/錦怜那)

映画『何者』は公開中