女優の綾瀬はるかが14日、都内で行われた映画『本能寺ホテル』公開初日舞台あいさつに出席し、堤真一をはじめとした先輩勢から“公開処刑”された。イベントには濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督も登場した。

 本作は、戦国時代に繋がる“本能寺ホテル”に宿泊した主人公・倉本繭子(綾瀬)が、天下統一を目前に控える織田信長(堤)と出会うことではじまる、日本史最大の謎「本能寺の変」が舞台の歴史エンターテインメント。

 紅一点の綾瀬は華やかな着物姿で現れると、「公開初日に来ていただいてありがとうございます。うれしいです」と客席に向かってニッコリ。そして、男性陣に囲まれて「恥ずかしい気持ちもありますけど、お正月気分を引きずった感じで……」といつも通りのとぼけたコメントであいさつし、会場を沸かせた。

 すると共演者たちは、次々に綾瀬の天然ボケエピソードを暴露。撮影中、近藤は「カチカチになっているけど、チンしたら食べられます」と綾瀬から固くなったみたらし団子をもらったものの、宿泊していたホテルの部屋に電子レンジがなく、無理をしてそのままの状態で食べたことを明かし、「よくあんなものを『いいものをあげるわ』みたいに(人にあげられるね)」とチクリ。

 さらに風間は「綾瀬さんは女優らしからぬことを時々口走る」と切り出すと、綾瀬がメイク室で「今日、おなかが痛いの。(便が)水みたいなの」と話していたことをバラし、「そういうことは言っちゃいけませんよ。状態までは話さない!」と忠告。それを受けた綾瀬は「アレですね」と何かがひらめいたような表情をし、「公開ナントカ……?」と同意を求め、何のことを言っているかわからない共演者たちを困惑させた。

 そんな心もとない綾瀬とあって、「登壇者が戦国時代の武将だったら、誰が天下統一を成し遂げるか?」というMCからの質問に、ほぼ全員が綾瀬を推す中、堤は「俺はイヤだな。こんなスットコドッコイたまらんっすよ!」とバッサリ。何度も厳しいツッコミを受けた綾瀬だが、当の本人は屈託のない笑みをこぼしながら、観客同様にトークを楽しんでいた。(取材/錦怜那)

映画『本能寺ホテル』は全国公開中