フォード傘下から離れたマツダやボルボと同様に、ジャガー・ランドローバーも自前で最新エンジンを手がけており、「INGENIUM(インジニウム)」という名称で、ジャガーXE、F-PACEなどのほか、欧州向けのディスカバリー スポーツなどに搭載されています。

F-PACE_02

従来はディーゼルでしたが、新たにラインナップを拡大し、直列4気筒ガソリンエンジンも追加されるそう。

F-PACE_01

なお、先に投入されているディーゼルエンジンは、トルクフルな走りや燃費だけでなく、静粛性もトップクラスであるのも美点。もちろん、車体側の対策も功を奏しているはず。

年々厳しくなる環境規制(CO2排出量)に対応すべく、同社でもすべてのモデルで排出ガスを削減し、燃費を向上させるという長期的なコミットメントを掲げていて、高効率な代替パワートレインの採用、得意とするアルミなどを使った車体の軽量化、車両の省エネルギー化を進めています。

INGENIUM Petrol Engine_02

排出ガスの削減戦略の中核である新開発の4気筒「INGENIUM」ガソリンエンジンは、ジャガー・ランドローバー社が10億ポンド(約1,300億円)を投資して建設、拡張されたエンジン・マニュファクチャリング・センターにおいて製造。

デザイン、エンジニアリング、マニュファクチャリングはすべて英国で行われていて、同社が開発するものとしてはもちろん最先端のエンジンになります。従来のエンジンと比較すると、パワーを最大25%向上させながらも燃費を最大15%削減できるとのこと。

BMW同様に、1気筒あたり500ccの排気量を基本構造として、最大限の柔軟性と拡張性を両立。そのため、スポーツサルーンやSUVといった様々なモデルに適用した開発が可能になります。

また、同エンジンには、電動油圧式バルブトレイン、一体型のエキゾーストマニホールドとセラミック・ボール・ベアリング技術を使用したツイン・スクロール・ターボチャージャーなどの最新技術が搭載されます。

INGENIUM Petrol Engine_04

さらに、組み合わされるトランスミッションも新たに開発中だそうで、今後の市販車モデルの効率性を向上させると同時に、全輪駆動の能力をさらに高める革新的な先進的なATになるそう。

3,000万ポンド(約39億円)規模の先進的な研究プロジェクト「TRANSCEND(トランセンド)」と呼ばれるもので、ローレンジ・ギアボックス、デュアル・ クラッチ、ハイブリッド技術を組み合わせ、「20:1」という極めて高いギア比を採用。新たな水準のオフロード性能に貢献しながら燃費を約10%改善できます。

INGENIUM Petrol Engine_01

ディーゼルに加えて、ガソリンエンジンの刷新、そして新しいトランスミッションの開発、ボディの軽量化などによりジャガー・ランドローバー社の今後のモデルにもより注目が集まりそうです。

INGENIUM Petrol Engine_01 F-PACE_01 INGENIUM Petrol Engine_02 INGENIUM Petrol Engine_03 F-PACE_02

(塚田勝弘)