最近のレース用車両では、一般の乗用車と同様に電動パワーステアリング(EPS)が普及しています。

このレース用EPSの分野で圧倒的なシャアを誇っているのが日本の自動車部品メーカー KYB(カヤバ)であることをご存知でしょうか。

kyb1a

KYBがレース用EPSに進出したのは、1994年の全日本ツーリングカー選手権車両向けにEPSを供給したのがはじまりでした。その後、2001年にはル・マン24時間レースのレース車両向けにEPSの供給を開始しました。

kyb1b

近年では同社の独自設計によるモーターとECUを開発し、2013年以降は標準型化されたコラムEPSをレース市場にリリースするほど、同社のレース用EPSはレース業界に浸透しています。

実際に世界各地のレースで同社のレース用EPSの採用実績が高くなっています。

たとえばル・マン24時間レースでは、2016年度全出場車中45%の採用率を確保しており、中でもトップカテゴリー のLe Mans Prototype(LMP)クラスに至っては32台中23台、採用率にして72%に達しています。

また、デイトナ24時間レースでも、Prototypeクラスで88%のシェアを誇っています。

kyb2a

その他、世界各地のモータースポーツではFIA(国際自動車連盟)主催のWorld Rally Cross(WRX)参加車両へもEPSの供給を開始し、国内のスーパーGT、スーパーフォミュラーなど世界中のレースシーンで同社のEPSが活躍しています。

さらに今後の取り組みとして、2016年には無人EVレース「ROBORACE」車両など新たなカテゴリーの車両にEPSの供給を開始しました。

自動車部品メーカーは、目立たない縁の下の力持ち的存在ではありますが、いろいろな分野での活躍が期待されます。

(山内 博・画像:KYB)