10月8〜9日にタイ・ブリーラムのチャン・インターナショナルサーキットで開催されているSUPER GTの海外ラウンド「2016 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE」。

灼熱と言われるタイラウンド。予選前に一瞬見せた雨雲も雨を降らせることも無く消え去り、Q1スタート時には30度の猛暑となりました。

001

GT500クラスでポールポジションを獲得したのは19号車 WedsSport ADVAN RC F。ドライバーの関口雄飛選手、国本雄資選手は2人ともSUPER GT鈴鹿1000kmからこのタイラウンドの間に開催されたスーパーフォーミュラーの岡山戦第2レースで国本選手が優勝、続くSUGOで関口選手が優勝を果たしており、ドライバーの勢いが一番ノッているチームとして注目をされていました。

005

また、先ごろ発表されたモバオク日本レースクイーン大賞コスチューム部門のグランプリもWedsSport Racing Galsが獲得するなど、チーム全体としてまさに勢いに乗ります。

002

そのWedsSport ADVAN RC Fが関口選手ドライブのQ2で魅せた1分24秒307は文句なしのコースレコード。WedsSport ADVAN RC Fの今期初優勝に期待がかかります。

003

GT300クラスは25号車 VivaC 86 MCが文句なしのポールポジション!

004

Q2ではVivaC 86 MCの松井孝允選手が2位のB-MAX NDDP GT-R ヤン・マーデンボロー選手に0.7秒差をつける快走を魅せコースレコードを樹立!

006

VivaC 86 MCは今期最多、3度目のポールポジションで、なおかつタイラウンドでも昨年に続き2度目のポールポジション!今期の最高位が2位であることから、初優勝の期待がかかります。

決勝レースは10月9日現地時間の15時、日本時間で17時からスタートとなります。

(写真:高橋秀彰 文:松永和浩)

002 003 004 005 006 001