1974年に誕生した3代目カローラ(カローラ30)ですが、デビュー初期のエンジンラインナップは1200㏄、1400㏄、1600ccの3タイプが設定されていました。

ベーシックな1200㏄も人気だったのですが、3代目の初期モデルはフロントフェイスを見ただけで、1200㏄か1400&1600ccかをすぐに見分けることができたのをご存知ですか。

大開口グリルを採用し、立体形状の目立つボンネット上には大きめのエアインテークをレイアウトしたのが1400&1600cc。

740000_corolla_3rd_1_ll

 

そして、1200㏄のグリルはセンターのカローラエンブレムを中心に左右二分割デザインのものを採用していました。

740000_corolla_3rd_catalog_2

エアインテークが控えめなボンネットは1400&1600ccに比べると平面な印象が目立っているデザインを採用していたのです。

 

また上級グレードの1200 SLと1400SLはそれぞれにSLバッジがつき、

740000_corolla_3rd_catalog_13

1600 GSLは、GSLのバッジがついていたので、

740000_corolla_3rd_4_ll

かなりグレードかを区別することができたのです。

 

(文:カローラせんせい/小林敦志)