サーキットってどんなイメージですか? レースを「見る」?レースに出て「走る」?

それ以外に”聴く”を楽しもう!というのが、11月19日・20日に開催される「RICHARD MILLE SUZUKA SOUND of ENGINE」です。

このイベント、【バイク限定】というわけではありません。バイクもクルマも名車という名車が勢揃いして走行するイベントなんです。

マニアでもない限り、「エンジン音聴いても違いなんかわかるかよ」なんて思う方もいると思います。

しかし、本当に「いい音」がするエンジンって人を感動させる深みがある音がするんです。

現行のバイクやクルマも素晴らしい音がするものもありますが、あの時代だから出来た音や、今じゃ出せない音が聴けるのがこのイベント。

バイクに詳しくなくたって、一度聴いたら耳から離れなくなるような感動が味わえるはずです。

出場するのは主にバイク、車の旧車がメイン。

60年代のマン島TTで活躍した伝説の車両達や、WGP250で活躍した2ストレーサーなどが登場します!


※今回紹介した出場車種は変更になる可能性があります。

こんな名車達が一度に集まって更に走行するのは、世界的にもかなりレアなイベントです。間違いなくここでしか聴けない、体験できない感動があるはず!

チケットは絶賛発売中です!

SUZUKA SOUND of ENGINEの詳しい情報はこちら!
チケット発売はこちら!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!