TOYOTA GAZOO Racingの名前が確実に歴史に刻まれた、FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦ル・マン24時間レース。レース終了残り3分まで誰もがトヨタ悲願の初優勝を信じ、「いよいよ歴史的瞬間が見れる!」と胸の高鳴りが止まらなかったですよね。皆さんご存知の通り、とても残念な結果に終わってしまいましたが、あの興奮を今度は日本で見ることができちゃうんです!

WEC第7戦富士6時間レースが10月14日(金)〜16日(日)富士スピードウェイで開催されます!!

2016_Prologue_3

そんなWECについて、もう一度簡単にご説明いたします。

WECの車両は大きく分けてスポーツプロトタイプカーとグランドツーリング(GT)カーの2種類があります。その中で車両規定などにより更にクラス分けをし、「LMP1」「LMP2」「LMGTE-PRO」「LMGTE-AM」の4つのクラス(WEC富士エントリー台数:LMP1クラス8台、LMP2クラス11台、LMGTE-proクラス7台、LMGTE-Amクラス6台)が混走して戦うのもWECの面白いところ。

スピードの違うマシンが混走してレースを行うということは、いたるところでオーバーテイクが発生! いくらスピードは違えど、コース上でマシンを抜くのは至難の業ですよね。一歩間違えれば、接触してしまい大事故に繋がることもありえます。しかもあのスピードで抜いていくのです。見ているほうは興奮せずにはいられません!!

A89I3856 AK6I4847

トヨタは自動車メーカー系ワークスや有力プライベーターが参加するLMP1クラスに参戦。LMP1は独自設計が許されており、ハイブリッドカーを対象とするLMP1-Hybridと、ハイブリッドカー以外を対象とするLMP1non Hybridに車両規定が分かれています。

WEC富士の前に、最新技術を駆使したハイブリット車(LMP1-H)で総合優勝を目指す、ポルシェ、アウディ、トヨタの3チームの今シーズンの戦いを振り返ってみましょう!

現在(第6戦アメリカ6時間終了時点)のマニュファクチャラーズランキングトップはポルシェ。昨年の世界王者ポルシェ1号車は、前半は厳しい戦いに苦しむも、第4戦ニュルブルクリンク6時間以降3戦連続優勝と強さを取り戻しています。

M16_2534_fine

ポルシェ2号車は、第3戦ル・マン24時間で総合優勝を獲得。ドライバーズランキングではトップに立ち、2位のアウディ8号車と37.5ポイント差をつけています。

http---audi-press.jp-press-releases-2016-09-WEC_Austin_2016_004

マニュファクチャラーズランキング2位はアウディ。第1戦シルバーストーン6時間でポール・トゥ・ウィンでレースを制した7号車でしたが、レース後の車検でスキッドブロックの厚さが規定を満たしていないことが発覚し失格となってしまいました・・・。また、第6戦アメリカ6時間では、予選でポールポジションを獲得するもLM-GTEクラスのフォードGT66号車に追突されてクラッシュし、優勝を逃してしまうという、不運が続きます。

一方、アウディ8号車は第2戦スパ・フランコンシャンで今季初優勝を獲得。その後もコンスタントに表彰台にのり、ドライバーズランキング2位につけています。

20160530Le Man Joshi007 20160530Le Man Joshi008

そうそう、アウディには私達日本人にとって馴染みのあるドライバーがいるんです! SUPER GTやSUPER FORMULAにも参戦経験のある、アンドレ・ロッテラー選手(7号車)とロイック・デュバル選手(8号車)です。この眩しすぎる笑顔に、女性はイチコロになること間違いなし(笑)! 富士スピードウェイを知り尽くしている2人が、どのような走りを見せてくれるのかも注目したいですね(^^)

ポルシェ、アウディのトップメーカーと戦う日本のトヨタ(マニファクチャラーズランキング3位)も負けてはいられません!

E91I8831 E91I4117

タイヤパンク、エンジントラブル、パワートレーンの電気系のトラブルなど、レース中に起こった度重なるトラブルで思うように結果が出せていないトヨタ5号車。しかし、ル・マン24時間での走りは素晴らしく、トラブルさえなければこんなにも速いんだ!という事を証明してくれました。

Kazuki_Nakajima_6 Sebastien_Buemi_9

全員F1経験者という、凄い共通点のある5号車のドライバー達。以前、中嶋一貴選手にインタビューをさせて頂いたのですが、チームメイトのセバスチャン・ブエミ選手について面白エピソードを教えてくれました。

「ブエミは常にしゃべってますね。クルマやレースのことはもちろんですが、子育ての大変さについて語っていたかと思いきや、政治の事を話し出したり・・・。僕はそれを聞いているだけなんですけど、よくそんなにしゃべることがあるなって思います(笑)。」

常にしゃべっているブエミ選手の話を聞いている、中嶋選手。一度そのシーンに遭遇してみたいですよね(笑)。なんとも微笑ましいトヨタ5号車ですが、レースでは不運が続いています(涙)。WEC富士では、今度こそ勝利の女神が微笑んでくれますように!!

2016_WEC_Austin_Saturday_Podium_7

今シーズンから新たに小林可夢偉選手が加わった新生トヨタ6号車は、第1戦シルバーストン6時間で3位でゴールしたのち、上位車両の失格により2位となり、トヨタにとって2012年のWEC参戦開始以来のシルバーストーンでの連続表彰台記録を更新し、幸先の良いスタートを切りました。トラブルに見舞われ思うように結果が出せないレースもありましたが、第6戦アメリカ6時間では2位のアウディ8号車に2秒455差、首位のポルシェ1号車に26秒096差とトップチームに引けを取らず、3位でチェッカーを受けました。

第5戦メキシコ6時間、そして第6戦アメリカ6時間と2戦連続3位を獲得したトヨタ6号車は、現在ドライバーズランキング3位! これはWEC富士でも十分に期待できそうです。次は表彰台の真ん中に立ってほしいですね!!

1D3L0489_s

LMP1-Hクラスでの参戦が初めての小林選手。「コーナーが見えないですね。まだ慣れないので、早く慣れたいです。ブレーキングポイントの数字が光りすぎて見えないので、数えながらブレーキングしてます。」とドライビングへの苦悩を話していましたが、第3戦ル・マン24時間では81周目に3分21秒445を叩き出し、ファステストラップを更新。トップを走るポルシェ1号車と30秒以上あった差を15秒にまで短縮しました。

LMP1-Hクラス初参戦とは思えないアグレッシブな走りを見せてくれる小林選手は、めちゃくちゃかっこいい! WEC富士では、F1をはじめ世界で戦ってきた小林選手の走りを観れるチャンスです。ぜひ素晴らいドライビングテクニックを、目にやきつけて下さいね。

WEC富士が開催される富士スピードウェイは、今年で開業50周年を迎えた歴史あるサーキットで、富士山の東裾野、標高545-580mにあり、天気の良い日には北西に富士山が一望できます。空気が澄んでいて気持ちが良いところも魅力のひとつです。

tjm1509oc263

しかし、天候が不安定になることが多く、夕方以降には気温が急激に下がることもあるので、観戦される方は雨具と防寒グッズをお忘れなく!

2014_Fuji_Saturday_1

富士スピードウェイの名物、メインストレートの長さは1,475mで世界的に見てもとても長いホームストレートです。また、長い直線から最大のオーバーテイクポイントとなる1コーナーは昨年からTOYOTA GAZOO Racingがスポンサーとなり、「TGRコーナー」と名付けられたんですよ。

tjm1510oc352

レースも楽しみだけど、憧れのドライバーからサインを貰いたい! お話ししてみたい! という方も多いのではないでしょうか。もちろん、私もその一人です(笑)。その方達にぜひ参加して頂きたいイベントが、ピットウォーク&サイン会です!

普段入れないピットレーンを歩くだけでもテンションが上がるのに、各チームのガレージの前でサイン会が実施されるというではありませんか! 手作り応援グッズやプレゼントで憧れのドライバーにアピールする最大のチャンスです。

CIMG0970

ル・マン24時間に日本から観戦にきていた女性ファンの方は、応援しているセバスチャン・ブエミ選手(トヨタ5号車)に手作りプレゼントを持ってきていましたよ。これはドライバーも絶対に喜んでくれますよね。

気になるピットウォーク&サイン会開催予定日時は、10/15(土) 12:15〜13:45(サイン会:12:30〜13:00)と10/16(日)8:00〜9:00(サイン会:8:10〜8:40)の2日間。サイン会は時間が限られているので、注意してくださいね。また、観戦券の他にピットウォーク券が別途必要になります(チケットによっては含まれている物もあり)。一人でも多くの方が、憧れのドライバーに会えますように!

F1のようなスプリントレースだと、レース時間が約1時間30分なので自分の座席に座ってじっと見ている事が多いですが、6時間の耐久レースとなると観戦スタイルは様々。富士スピードウェイを一周して、様々な場所からレースを楽しむのもよし、はたまた指定席券を購入して自分の座席からレースを見守るのもOK!

CIMG1572 1D3L1125_sCIMG1094 CIMG1097

ル・マン24時間が開催されたサルトサーキットでは、テントを張って仲間と一緒に一晩中盛り上がったり、バーベキューをしたり(近くのショッピングモールに売っていたバーベキュー用の食材の量が日本では考えられないほど多くてびっくりしました)、ブースで遊んだりと、それぞれの観戦スタイルで楽しんでいました。

このような時間も全部含めて楽しめるのが、「耐久レース」の魅力だと思います。

tjm1510oc367 tjm1510oc369

WEC富士でぜひ訪れてほしいのが、イベント広場にある「TOYOTA GAZOO Racing PARK」です。ここでは歴代のル・マン24時間レース参戦車両展示(TS010、TS030 HYBRID、TS050 HYBRID)、TS010エンジン始動、レーシングシミュレーター、TS030 HYBRID搭乗体験、とスペシャル時間が過ごせちゃうんです。

CIMG1137 1D3L0660_s

私も実際にル・マンのTOYOTA GAZOO Racingブースでコックピット搭乗体験をしてきたのですが、いざコックピットに座ってみると、目線が低くフロントガラスも小さいので思っていた以上に視界がよくなくてびっくりしました。すぐ近くの路面も確認することはできなさそう。皆さんにもドライバーがどのような状態で300km/hを超えるマシンをコントロールしながらレースを行っているのか、体験してほしいです!

tjm1511oc415 tjm1511oc12

自由席エリアで楽しめる観戦券、グランドスタンドからピット作業も見れちゃう各種指定席券、ドライバーがいるパドックエリアに行けるパドックパス。ポルシェ、アウディ、トヨタの応援席(応援グッズ付き)など、たくさんの種類の観戦券が発売されています。

自分の観戦スタイルにあったチケットを購入して、WEC富士6時間レースを楽しんでくださいね!

2016_WEC_Mexico_Saturday_10

WEC富士は、WECシーズンの中でチャンピオン争いの行方をうらなう大事な一戦でもあります。各チームが勝利を目指して戦う有志をぜひ見に行って下さいね! 一度見たらWECの魅力にとりつかれますよ(^^)

そしてホームレースとなる富士スピードウェイで、トヨタが目指すはもちろん表彰台の頂点。今年のトヨタならやってくれると信じています。観客席から熱いパワーをトヨタに送りましょう! 今年のWEC富士6時間では、一体どのような歴史が刻まれるのでしょうか。今から楽しみでしかたありません!!

チケットやイベント情報は、WEC富士公式ホームページをチェックしてくださいね。

また、TOYOTA GAZOO Racingホームページ内のWECページでは中嶋一貴選手、小林可夢偉選手、F1レポーター川井一仁氏、F1タイヤエンジニアを歴任し、現在は国内トップレーシングチームのTEAM CERUMO総監督である浜島裕英氏のよる4人のF1事情通による「WEC座談会」、チームの縁の下の力持ちであるチームスタッフのインタビューなどスペシャルコンテンツが盛りだくさん! WECをいろいろな角度から知る事ができますよ。こちらもぜひチェックしてくださいね。

(yuri)