登録車の販売ランキングに変化あり。

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より、2016年9月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されています。

PRIUS_10_s

●2016年9月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ プリウス 20,043台
2位 トヨタ アクア 15,493台
3位 トヨタ シエンタ 12,290台
4位 ホンダ フィット 10,226台
5位 トヨタ ヴォクシー 9,525台
6位 ホンダ ヴェゼル 8,296台
7位 トヨタ パッソ 8,164台
8位 トヨタ カローラ 8,117台
9位 日産 セレナ 6,488台
10位 ホンダ ステップワゴン 6,014台

プリウス、アクア、シエンタというトップスリーに変化はありませんが、フルモデルチェンジが近いとウワサされる日産ノートがトップ10圏外になるなど、顔ぶれに若干の変化が見えています。

その中で注目したいのは、トヨタ・ヴォクシー、日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンといったMクラス・ミニバンモデル。

フルモデルチェンジ直後にリコールが発生し、思うようなスタートダッシュを決めることができなかったセレナが伸び悩んでいるところに、ステップワゴンが2016年初のトップ10内に躍進したという状況です。

前年同月比でみると、ヴォクシーが117.4%、セレナが105.8%、ステップワゴンは104.9%。自動運転技術「プロパイロット」を搭載するなどセレナが話題を集めたことで、Mクラスミニバン全体が注目され、活気づいているといえそうです。

PRIUS_10_s PRIUS_01_s aqua1511_01_s siet1507_000_s siet1507_04_s 4160908-fit_001H voxy1601_02_2_s 160824-01-02-serena 20150423-stepwgn_spada002

(山本晋也)

【関連記事】

2016年8月の登録車セールスランキング、トップ10中トヨタ車が7台
http://clicccar.com/2016/09/08/397902/

【新型セレナ試乗】プロパイロットは自動運転機能じゃない、運転支援装置だ!
http://clicccar.com/2016/09/29/403465/

新型・セレナの販売が絶好調! 発売約1カ月の受注台数は?
http://clicccar.com/2016/09/28/402908/

トヨタがノア・ヴォクシーに採用していた「導電性テープ」の驚きの効果とは?
http://clicccar.com/2016/09/18/399814/

ホンダ・ステップワゴンに設定される「Modulo X」のティザーサイトが公開
http://clicccar.com/2016/09/02/396676/