GSX-Rシリーズといえばライダーなら一度は名前を聞いたことがあるスズキの歴史あるシリーズ名。レースシーンでもよく見るスーパースポーツバイクです。

そんなGSX-Rシリーズに125ccが追加されました!


今回発表された「GSX-R125」は歴代のGSX-Rシリーズの中で最も小さな排気量。世間では250が来るだろうと言われていた中、まさかの125が先にデビューを飾りました。

軽量でコンパクトな車体に水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。

キーレスイグニッションシステムや「スズキイージースタートシステム」なども盛り込まれ、ハイテク豪華な仕様です!

ABSも標準装備。GSX-Rの名を語るにふさわしい軽量スポーティーな仕上がりのバイクとなっています。

グラフィックも他のシリーズと同じデザインで「GSX-R」の伝統を受け継いだデザインです。

海外発売は2017年夏となっていますが、日本発売に関してはまだ未定となっています(記事中画像は一枚の画像から切り出した画像です)。

ついにスズキからもMTの125が登場しました。

今回はドイツ・ケルンで開催されている「インターモト」での発表でしたが、11月にイタリア・ミラノで開催される「EICMA2016(ミラノショー)」でも、新型モデル4車種を発表する予定とのことなので250の希望もまだありえる、はず!?

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!