トヨタ自動車が、昨今の「単身化社会」の進展による、コミュニケーションレス問題の緩和を目的に、ロボットと人間の新しいインターフェースで解決の方向性を見出せないか?とスタートさせた「きぼうロボットプロジェクト」。

KIBOU_ROBOT_PROJECT

同社は夢のあるプロジェクトとして、ISS(国際宇宙ステーション)に長期間滞在する若田光一JAXA宇宙飛行士との世界初「宇宙でのロボットと人の会話実験」を企画。

そして2013年6月26日に、MS製品企画部 新コンセプト企画室 主査の片岡史憲氏が、ロボットクリエーターの高橋智隆氏と共同で開発した世界初のロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」を公開、大きな話題を呼びました。

「KIROBO」は無重力状態などの各種実験にパス、晴れて同年8月4日にJAXAの「こうのとり」4号機で種子島を発ち、ISSに1年半に渡って滞在、若田氏とのミッションをこなし、SPACE X社の宇宙船「ドラゴン」で2015年2月11日に無事地球に帰還。

KIROBO

その後トヨタ自動車は、同年に開催された第44回東京モーターショーで「KIROBO MINI」を披露しているので、見られた方もいるのではないでしょうか。

同社は宇宙に行った「KIROBO」を手のひらに収まるサイズ(座高10cm)にスケールダウン。「常に寄り添うコミュニケーションパートナー」として、全国のトヨタ車販売店を通じて「KIROBO mini」を2017年に発売すると発表しました。

KIROBO_miniKIROBO_mini

様々なしぐさや会話を「KIROBO mini」本体と専用アプリをインストールしたスマートフォンをBluetoothでつなぐことで実現。

本体に搭載したカメラにより、人の表情を認識し、感情を推定しながら人の気持ちに寄り添った動作や会話を行うとともに、クルマや家から取得する情報を踏まえた会話を可能にしています。

また、人の好きなことや嫌いなこと、一緒に行った場所などを覚えることが可能で、話していくうちに相手に合わせた会話ができるようになるそうです。

満充電まで約3時間、連続コミュニケーション可能時間は約2.5時間となっています。

若田飛行士が宇宙で経験したように、単身生活時や高齢者の話し相手などで、早速持ち前の能力を発揮してくれそう。

トヨタでは全国販売に先立ち、今冬には東京都・愛知県の一部販売店で「KIROBO mini」の先行販売を計画しており、WEBによる事前予約を受け付ける予定とのこと。

本体価格は税抜39,800円(専用アプリ使用料:月額300円程度)となるようで、今後「KIROBO mini」の宇宙仕込みのコミュニケーション能力に注目が集まりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

KIBOU_ROBOT_PROJECT KIROBO KIROBO KIROBO_mini KIROBO_mini KIROBO_mini

【関連記事】

KIROBO mini開発者に聞く「パートナーとのお別れの時はどうなるんでしょう?」
http://clicccar.com/2016/10/04/404645/

トヨタのコミュニケーションパートナー「キロボミニ」価格3万9800円で発売決定!
http://clicccar.com/2016/10/03/402852/

CEATECにKIROBO miniとMIRAIカットボディを出展!
http://clicccar.com/2016/09/28/403096/

ロボット宇宙飛行士「キロボ」が1年半ぶりに地球帰還!
http://clicccar.com/2015/02/13/293343/

トヨタのロボット宇宙飛行士「KIROBO」が8月4日種子島から打ち上げへ !
http://clicccar.com/2013/07/23/225995/

【関連リンク】

きぼうロボットプロジェクト
http://kibo-robo.jp/

KIROBO mini
http://toyota.jp/kirobo_mini/

ROBO GARAGE
http://www.robo-garage.com/top.html