ダッジ・チャレンジャーのハイパフォーマンスモデルとなる「ダッジ・チャレンジャー ADR」のプロトタイプをカメラが捉えました。

ChallengerADR.proto01

降りしきる雨のなか現れた新型は、ワイドなボディからはみ出したタイヤが目を引きます。

レポートによれば、フロント290mm、リア350mmサイズのワイドタイヤを履いていると言います。

ChallengerADR.proto09

パワートレインには、ダッジ「チャレンジャーSRT ヘルキャット」から流用される、6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーを搭載。最高馬力は707psを発揮します。

「SRTヘルキャット」より軽量化が図られ、そのパフォーマンスはダッジ最強とも噂されています。

クライスラーはこの「ADR」の他、V型6気筒エンジンを搭載する「チャレンジャー GT AWD」の投入も計画しているようです。

ワールドプレミアは2017年後半になると思われます。

(APOLLO)

ChallengerADR.proto01 ChallengerADR.proto03 ChallengerADR.proto04 ChallengerADR.proto05 ChallengerADR.proto06 ChallengerADR.proto07 ChallengerADR.proto08 ChallengerADR.proto09