2016年の新車販売台数は2011年以来5年振りに500万台を割り込み、497万台となりました。軽自動車は新型車がムーヴ・キャンバスしか登場しなかったこと、そして燃費データ不正問題などもあり、172万台と対前年比約9%減となりました。

%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lc2

普通車は、トヨタニューグローバルアーキテクチャやスバルグローバルプラットフォームといった新世代のプラットフォームを採用したトヨタプリウスやスバルインプレッサなどが登場したものの、輸入車と比べるといささか寂しい顔ぶれでした。

それでは、2017年はどうなるのでしょうか。

まず、2016年の年末にスズキスイフトが発表されました。軽量・高剛性ボディを実現した新プラットフォーム「ハーテクト」を採用し、1.2Lマイルドハイブリッド、1Lターボの全モデルが車両重量1トン以下を実現しています。春には1.4Lターボエンジンを搭載するスイフトスポーツも追加予定というウワサなので、期待したいです。

%e3%83%af%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3r %e3%83%9f%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b9

さらにスズキからは2016年中の発売が延期されたワゴンRが春頃に登場予定。軽自動車の主力モデルであるワゴンRのフルモデルチェンジは低迷気味の軽自動車に明るい話題となりそうです。秋頃にはダイハツ・ミライースがフルモデルチェンジを予定しています。独自のイーエステクノロジーをさらに進化させ、もしかすると軽自動車初のJC08モード燃費40km/L台を実現するかもしれません。

2017年の普通車、最も注目はレクサスです。年明けのデトロイトモーターショーで旗艦であるLSのニューモデルがローンチされました。

20170109_01_18_s-20170110002211

秋に開催される東京モーターショー近辺で登場予定といわれています。走行性能はもちろんのこと、安全性能がどれくらい進化するのか。そしてウワサのミラーレス車は本当にあるのでしょうか。

また、春〜夏にかけては、新プラットフォームに新ハイブリッドシステムを搭載したフラッグシップクーペ、レクサスLCが登場します。

%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9lc

すでに海外で開催された試乗会では好評を博しており、1日も早く実車を見てみたいものです。

cx-5 xv2

2月にはすでに発表されているマツダCX-5が登場。そして夏前にはスバルグローバルプラットフォームを採用したXVが登場予定です。現行モデルにラインアップされているハイブリッド車はPHEVへと進化するのでしょうか。現行型XVに乗っている私としてはココが最も気になるところです。

2016年は新車販売台数500万台割れという厳しい結果でしたが、2017年は酉年。再び500万台超えして活気を取り戻して欲しいです。

(萩原文博)

【関連記事】

【どうなる自動車業界2017】自動車免許を取得するなら3月11日までにしたい理由とは?
http://clicccar.com/2017/01/11/433739/

【どうなる自動車業界2017】ネットで新車を購入できる時代が始まる!?
http://clicccar.com/2017/01/10/433755/