東京オートサロン2017のプレスデーの開場と同時に会場入りし、西館ホール1からクルマをチェックしていた僕の目に飛び込んできたのが、なんともインパクトのあるヴェルファイア。その塗装が凄いんです。

kuhl-img_1108

いや正確に言うと、凄いのは塗装というよりも塗装表面。その精巧な仕上げはもはや塗装というよりも芸術といっていい領域でしょう。凹凸のある立体ですからね。

kuhl-img_1118 kuhl-img_1117

そんなヴェルファイアの正体はエアロパーツメーカー「KUHL RACING」のデモカー。

以前からGT-Rなどに同様の仕上げを施して東京オートサロンに出展し、高い評価を得ていますが、今回はベース車両をベルファイアにスイッチしたことでボディの面積が増え、その芸術度がひときわ高いステージに上がりましたね。

kuhl-img_1115 kuhl-img_1112

この仕上げは特別な塗料に加えて、マスキングによる塗り分け、そして彫刻による仕上げで完成するとのこと。制作に必要な期間は2〜3ヵ月。価格は「ちょっと言えないくらい高い」とのことです。

それにしても残念なのは、この手の込んだ芸術作品は写真では凄さと魅力が伝わりにくいこと。なので東京オートサロンに行ったらぜひ自分の目で見て、驚いてくださいね。
西ホール1の「KUHL-RACING」ブースです。

(工藤貴宏)

kuhl-img_1108 kuhl-img_1061 kuhl-img_1118 kuhl-img_1117 kuhl-img_1114 kuhl-img_1115 kuhl-img_1112 kuhl-img_1113 kuhl-img_1052 kuhl-img_1051 kuhl-img_1049 kuhl-img_1050 kuhl-img_1056 kuhl-img_1057