BBS社製のアルミホイールを標準装備するベントレーベンテイガが展示されている東京オートサロン2017のBBSブースは、クルマを囲むように宝石のようなホイールが並んでいます。

002

展示されているホイールの中には、WECに参戦しているポルシェ919に装着されているホイールや、2016年シーズンのGT500のチャンピオン、レクサスチームが装着していたホイールなど、なかなか目にする機会が少ないホイールも展示されています。

004 003

2017年のBBSの新製品は、アルミ鍛造1ピースホイールの「FS」と、アルミ鍛造2ピースホイールの「RI-S」です。

FSはグループGT3のレーシングカーを彷彿させるフィンタイプの12本スポークデザインを採用。精悍さと高級感を両立させた独特なたたずまいによって、欧州車の足元を引き締めます。

006

RI-Sは立体感のある5本クロススポークを採用したホイールで、スポークがリムの上部まで延びるオーバーリブを採用、大径のイメージをさらに強調しています。RIシリーズのスポーティ感と2ピースホイールならではのラグジュアリー感を融合させたモデルです。

そして参考出品として展示されているのが、超超ジュラルミンを使用した1ピース鍛造ホイールの「FR-D」と「RI-D」です。

ジュラルミンは強度に優れたアルミニウム合金素材。その中でも最高の強度と耐性を誇り航空機用金属として知られているのが超超ジュラルミンです。

005

超超ジュラルミンは比重こそアルミニウムより重いのですが、アルミニウムより硬いため、薄く加工できるため、軽量化できる素材です。鉄やアルミニウムがホイールの主流となっていますが、数年後には超超ジュラルミンが主役になっているかもしれません。

(萩原文博)