昨年12月に正式発表されたマツダの新型CX-5 ですが、発売は今年2月でもう少し先。ですので通常のディーラーには展示車両も配備されておらず、まだ実車を見たことのない人がほとんどだと思います。

でも、気になりますよね。見たいですよね?

cx-5-img_1490

東京オートサロン2017のマツダブースにはもちろん、そんな新型CX-5の実車が展示されています。

初代CX-5のオーナーのなかには「写真で見た感じだと先代と見た目があまり変わらないよね」という声が多いですが、「『実際に見るとけっこう違う』という声が多いんですよ」というのはマツダ広報スタッフ談。

果たして実際にそうなのか? 自分の目で確かめてみましょう。

ぜひ見てほしいと思うポイントは、まずプロポーション。先代よりもAピラーが後退したことでノーズが長くなり、伸びやかで美しいスタイリングを手に入れました。それから細目になったヘッドライトがもたらすシャープで個性的な表情、サイドのプレスラインの美しさ、そして優雅なリヤビューも見てほしいですね。

cx-5-img_1492 cx-5-img_1478

ブースには、中に乗り込める車両も展示。クオリティが大幅に上がったインテリアも必見です。

必見と言えば、噂の新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」の深みもぜひ見ておきましょう。

cx-5-img_1067 cx-5-img_1477

(工藤貴宏)