フルーツ大国の茨城県。実は、栽培面積、生産量共に日本一を誇る“栗”の産地でもあります。そんな茨城の栗がリアルなバウムクーヘンになったマロンスイーツ〈栗ばうむプレミアム〉が登場しました。栗を贅沢に使用し、和と洋の味わいを同時に楽しむことができる画期的?!なスイーツです。

栗がぎっしり!

〈栗ばうむプレミアム〉は、茨城が誇る栗を様々な形に変化させてバウムクーヘンのなかに詰め込んじゃったスイーツ。

バウムクーヘンの中心には、細かく切った栗の甘煮をたっぷりと栗の餡に混ぜこんでいます。この栗餡を守るのは、約10層のバウムクーヘン生地。栗のクリームを練りこみ、表面はミルクチョコレートでコーティングし、香ばしいケシの実で栗をリアルに表現しています。“栗風味”ではなく、“栗の味”として満足してもらうことが目標なんだそう。価格は2,400円(税込)となっております。

〈栗ばうむプレミアム〉を生み出したのは、茨城県鉾田市にあるいちごやメロンを手がける〈深作農園〉によるバウムクーヘン専門店〈Farmkuchen Fukasaku〉。

農園の敷地内にオープンした専門店で、農家だからこそできる、素材にこだわったバウムクーヘンを焼き続け、様々な賞で受賞しています。店内はオープンキッチン型スタイルなので、徐々に大きくなってくるバウムクーヘンを焼いているオーブンや、その焼きあがったバウムクーヘンをスライスしているところも見られます!

〈栗ばうむプレミアム〉のお求めは、店舗もしくは通販サイトにてどうぞ。

information

Farmkuchen Fukasaku(深作農園内)

住所:茨城県鉾田市台濁沢371-2

TEL:0291-35-5870

営業時間:9:30〜18:00

定休日:無休

Web:公式サイト

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。