発酵食品の奥深さを! 発酵醸造マーケットもオープン

毎週土日、青山の国連大学前で開催しているファーマーズマーケット。この場所で、2017年1月14日(土)、1月15日(日)の二日間にわたり、イベント〈発酵醸造未来フォーラム ’17 TOKYO〉が開催されます。日本が誇る「発酵醸造の文化」を大きくフィーチャーしたイベントです。

本フォーラムでは、シンポジウム(※観覧締切済)のほか、〈ファーメンテッド・マーケット〉として、日本全国の蔵とその土地の醸造特産物が並ぶ、マーケットがオープンします!

ファーマーズマーケット

全国醸造蔵が出店する〈蔵バー〉や、コロカルでのお馴染みの醤油ソムリエ、黒島慶子さんが出店する〈発酵バーバーバー〉、〈シェフの発酵屋台〉やフードカートなど、おいしい催しが盛りだくさん。

農家やシェフの方々とコラボレーションし、フレッシュな野菜と味噌や醤油等のマリアージュや、発酵料理の提供を行います。それではそれぞれの出展者をご紹介!

蔵バーは、蔵元に会える話せる呑める買えるコーナー。和歌山の酒蔵・平和酒造、愛媛の醤油蔵・梶田商店、富山の味噌蔵・宮本みそ店など、全国醸造蔵が出店します。

発酵バーバーバーには、黒島慶子さんの醤油バーやサードウェーブミソスープの〈LOVE ME AND MISO SOUP〉、今悟(善知鳥店主)さんの名人芸が冴え渡る〈熱燗バー〉、白土暁子(酒屋いまでや)さんがホットバタードラムに燗コーヒーを提供する〈ホットな冬酒バー〉、東京大学大学院微生物学科×恋する芸術と科学による、酵母写真で酒を選ぶ〈菌で選ぶ生酒バー〉など、ユニークな出店が揃います。

〈シェフの発酵屋台〉には、仏領インドシナ発酵料理の大人気フードユニット〈アンドシノワーズ〉や、レフェルヴェソンス・オーナーシェフの生江史伸さんが作る〈本枯鰹節拉麺〉、Salmon&Trout シェフの森枝幹による一口味爆弾〈発酵ボム6!〉なども。

醤油、味噌、みりんの旨味。

鰹節が織りなす出汁の風味。

日本酒に、麦酒に、芋、麦、米焼酎。

納豆、味噌漬け、糠漬け。

これらすべてが「発酵醸造」で出来ているのは驚き。おいしい発酵グルメを片手に、日本食の未来について想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

information

ファーメンテッド・マーケット|日本のうまい発酵醸造を、呑む&食べる

会場:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前 5-53-70)

日時:2017年1月14日(土)、1月15日(日)10:00〜17:00

主催:MEDIA SURF COMMUNICATIONS INC./恋する芸術と科学ラボ/NPO Farmer’s Market Association

Web:公式サイト

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。