交通の要として毎日多くの人が行き交う東京駅。そんな東京駅から徒歩1分という便利な立地に2016年12月1日にオープンした「常陸野ブルーイング・ラボ 東京駅」は、国内外に多くのファンをもつこだわりのクラフトビールがいただける素敵なビアバーです。
目的地に向かって急ぎ足で通り過ぎてしまいがちなエキナカですが、ちょっと足を止めてぜひ立ち寄ってみましょう。
「常陸野ブルーイング・ラボ 東京駅」は、八重洲口直結の「グランルーフGRANROOF」の2階にあります。JR八重洲中央口を出てすぐ2階に上がった正面の店なので、見つけるのも簡単です。
細長い店内には立ち飲みカウンターとテーブル席、奥にはソファ席も。大きく一面にとられた窓からは、高層ビルが立ち並ぶ東京らしい風景が広がっています。
時間によって表情を変える空の様子やネオンきらめく夜景に、思わずうっとりしてしまいます。
世界中のコンテストで受賞歴をもつ「常陸野ネストビール」の直営店である「常陸野ブルーイング・ラボ 東京駅」。
「常陸野ネストビール」には、個性あふれるさまざまな銘柄がありますが、一般に流通していないものも少なくありません。しかし、このお店では定番からレア物までさまざまな種類が常時10種類前後そろっています。
「そんなに種類があっても選べない……」という人には、「3種お試しセット」がおすすめ。異なるタイプの3種類が味わえるので、そこから次に注文するビールを決めるというのも楽しそう。
樽から注がれるフレッシュなビールは味わい深いものばかりです。コリアンダーやオレンジピールを加えた「ホワイトエール」や、酒造のある茨城県産の「福来みかん」を使った「だいだいエール」などは、フルーティーな香りが女性にも大人気。
「スイートスタウト」や「エスプレッソスタウト」は、ビターな甘みが口いっぱいに広がります。日本原種のホップや麦を使って日本オリジナルにこだわった「ニッポニア」も、華やかでリッチな味わい。最高級麦芽に5種類のハーブやスパイスを加えた「賀正エール2017」は、マイルドな喉越しのおかげで麦やホップの豊かな旨味がダイレクトに感じられます。どれも個性的で、ビールの奥深さに驚かされます。
ビールのお供に楽しみたいのが、色とりどりのおつまみが美しく瓶詰めされた「ビンズフード」。ピクルスやオリーブなど全18種類ありますが、中でも茨城県産のイワシやサバを使った、「イワシの和風オイルサーディン」や「北欧風〆サバとジャガイモの酢漬け」がおすすめ。瓶で提供されるのですぐに出てくるのも、電車の待ち時間などでさくっと立ち寄りたい時には嬉しいポイントですね。
小腹が空いたら「常陸さばサンド」や「ポークカツサンド」をどうぞ。
「常陸野ブルーイング・ラボ 東京駅」のビールは、どれもゴクゴク飲むというよりは、一口ずつゆっくり味わいたくなるおいしさです。
ちょっと贅沢なビール片手に、旅先に想いを馳せたり、旅の余韻に浸ったり、思いおもいの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。