2016年の春夏に、みなさんの注目を集めた記事をランキング形式でご紹介。
第三弾は「雑貨」。一目惚れ必至のかわいいグッズはもちろん、ワークショップに参加して作ることができる、自分だけのオリジナルアイテムも人気を集めました。
「まめ盆栽」「超ミニ盆栽」とは、手のひらに乗るほど小さな盆栽のこと。ミニサイズの愛らしい姿に、ファンが急増中です。仙台にある「1000's BASE(センズベース)」のワークショップでは、樹木の選び方や育て方もていねいにレクチャー。気軽に盆栽を始められるとあって、県内外から人々が訪れています。
福岡市内の隠れ家のようなマンションの一室にある「Candle Studio One(キャンドルスタジオワン)」は、2016年1月にオープンした、ドライフラワーを使ったボタニカルキャンドルが作れる九州初のスクール。
初めてでも気軽にチャレンジできる体験レッスンが人気を呼んでいます。
飴玉のようにポップなピアス、パステルカラーの漆のヘアゴム、水晶とシルクを使ったネックレス。これらはすべて、福島の伝統素材を取り入れたアクセサリーです。
福島の「女子の暮らしの研究所」が発信する、思わず「かわいい!」と手に取りたくなるキュートな小物たちが、注目を集めました。
イスラエル発、かわいいパッケージが人気の自然派ボディケアブランド「サボン」の新ブランド「SABON GOURMET(サボン・グルメ)」が、世界に先駆けて3月にNEWoMan新宿にオープン。
ジュースを注ぐようにアロマを選べるアロマバーや、その場で好きな大きさにカットしてもらえるケーキソープ、まるでデリのお惣菜のように並ぶボディケア商品が、乙女心をくすぐります。
おしゃれな植物がたくさん並ぶ、東京・清澄白河の花屋さん「LUFF(ラフ)」。所狭しと花木が並ぶ店内で一際目をひくのは瓶詰めされた植物標本の「ハーバリウム」はそのかわいさで今とっても注目のアイテムなんです。
*****
いかがでしたか?
ぜひチェックして、秋冬のおでかけの参考にしてみてくださいね。