各国の大使館や閑静な住宅街が広がる広尾や麻布十番は、こぢんまりとしておしゃれなレストランやショップが隠れ家のように点在しています。今回は、広尾・麻布のカフェ&スイーツのお店を5つご紹介。黒豆スイーツ専門店や日本で初めてオープンしたフランス菓子専門店など、秘密にしておきたくなるようなお店ばかりです。
麻布十番にある「しろいくろ」は、白と黒の2色で統一したスイーツや器、空間がとびきりシックな黒豆スイーツ専門店です。お店で使用する黒豆は、兵庫県丹波地方のものだけ。モノトーンカラーの黒豆スイーツや丹波焼きの器のセレクトにセンスが光ります。
広尾駅から徒歩8分の「天現寺カフェ」は、東京にいながらにして全国のスイーツを楽しめるカフェ。“お取り寄せ”をコンセプトに全国から選りすぐりのスイーツを集め、お店で販売しています。ワンホール1万円以上の高級ケーキを1カットから気軽に味わってみることができますよ。
広尾商店街にある「ジェラテリア アクアパッツァ」は、イタリアの手作りジェラート「クレマモーレ」とコラボした、テイクアウト専門のジェラテリア。100種類以上のフレーバーから、日替わりで12種類が並びます。フレッシュなフルーツやミルクが使われているので素材の味をそのまま楽しめますよ。
有栖川宮記念公園の近くにある「A.Lecomte(ルコント) 広尾本店」は、日本初のフランス菓子専門店。子ねずみ型のかわいいシュークリーム「スウリー」やルビーのように美しい「ガトーフランボワーズ」など、伝統的なレシピを受け継いだ、人気のスイーツの数々をご紹介します。
大きな木とツリーハウスが目印の、広尾の路地裏にあるカフェ「レ・グラン・ザルブル」。カフェタイムにも楽しめる豊富なデザートも魅力のひとつです。輪切りのバナナがきれいに盛りつけられた「バナナのタルト」のほか、季節限定のタルトや直径10?のふわふわパンケーキも気になります。
*****
いかがでしたか?どのお店も甘党にはたまらないこだわりのスイーツがそろっています。ぜひ参考に出かけてみてくださいね。