猫カフェをはじめ、動物との触れあいを楽しむ動物カフェが人気沸騰中。なかでも、今、話題のお店が、六本木にあるハリネズミ専門店の「HARRY(ハリー)」です。その魅力を探りに出かけてみました。
六本木駅から徒歩1分、ウッディーな建物の2階にあるのが、世界初のハリネズミカフェ「HARRY」です。店内にはカウンター席9つとテーブル席3つがあり、席に座ってゆっくりとハリネズミと戯れることができます。

店の中には、さまざまな色や大きさのかわいいハリネズミが約30匹。ヨツユビハリネズミという種類で、主にアフリカのサバンナに生息しています。店内のハリネズミは、だいたい生後4カ月で、体長は約15センチ前後の小さな子どものハリネズミです。
色は全部で9種類。白と黒の針が混在している「ソルト&ペッパー」や、真っ赤な目と白い針を持つ「アルビノ」などさまざま。気に入った子は、その場で購入することもできます。エサやケージ、フード皿など、飼うための道具一式や飼育方法の書籍も販売しているので、初めてでも安心です。
ハリネズミの人気の秘密は、小動物ゆえのかわいらしさと愛くるしい仕草。怒ったり、笑ったり、驚いたり、眠そうにしたり…。慣れてくると、足をぴーんと伸ばしリラックスした様子を見せてくれるなど、表情がくるくると変わります。撫でてもらいたくて、自分から手にすり寄ってくる子もいるそう。
また、日本ではペットとしての認知度がまだまだ低く、珍しい動物という点も人気の理由の一つです。背中はトゲトゲだけど、お腹はふわふわの毛で覆われていて、触り心地も抜群♪
「ハリネズミって針を立てるのでは?」と心配している人はご安心を。警戒したり、びっくりした時に針を立てるのですが、産まれた時から人間に慣れ親しんできた「HARRY」のハリネズミは、めったに針を立てることはないそう。慣れれば、針を撫でることもできるようになります。
店内のシステムはとてもシンプル。来店の前に、まずはホームページにアクセスして席を確保。当日、予約なしでお店に足を運ぶこともできますが、30分〜1時間待ちなんてこともあるのでご注意ください。

触れ合いたいハリネズミを見つけたら、スタッフにお声がけを。小さなかごに入れて席まで運んでくれます。その後は、撫でたり、膝の上に載せたり、写真を撮ったり、思い思いの触れ合いを楽しむことができます。
料金には、ドリンク代(コーヒー、紅茶、お茶をセルフサービス)が含まれ、食べ物の持ち込みもOK。時間の許す限り、ハリネズミとの癒しのひとときを過ごすことができます。