金沢市尾張町にある「壺屋本店・壷亭」は、郷土料理の「治部煮(じぶに)」が評判のお食事処。佃煮の老舗「佃の佃煮」の姉妹店で、お茶漬けの具を最中に詰めた「器茶漬け」など、金沢みやげにぴったりの品も販売されています。
壺屋本店・壷亭のある「尾張町(おわりちょう)」は、近江町市場と東茶屋街の間に位置し、老舗の商店や古い町家が立ち並ぶ商店街。

金沢駅からは、東口11番乗り場から「金沢ふらっとバス」の「此花ルート」に乗って約10分、「彦三(ひこそ)緑地」で下車すると便利です。
お店の奥にある「壷亭」は、近江町市場で仕入れた食材を使った郷土料理が味わえる食事処。1階には坪庭の見えるテーブル席と小上がり席、2階には宴会場があり、調味料や素材にこだわった、安心・安全な無添加調理のお食事が楽しめます。

「壷亭」の看板メニューは「治部煮御膳」。「治部煮」は粉に絡めた鴨肉を、野菜と一緒に炊き込む金沢の郷土料理で、甘辛い味がご飯にぴったり。煮込む際の「じぶじぶ」という音が、その名の由来だといわれています。

輪島塗のお椀に入った治部煮に、季節の食材を使った小鉢やデザートがついた御膳は、まさに金沢の郷土の味ですね。
「壺屋本店」の店内には、金沢名産の佃煮と、厳選されたこだわりの調味料が並んでいます。化学調味料や着色料を一切使わない佃煮は、自然で上品な味わい。素材本来の味と風味が、ぎゅっと凝縮されています。
香ばしい最中に佃煮を詰めた「器茶漬け」は、お湯を注ぐだけで本格的な味が楽しめる創作茶漬け。和菓子のようなかわいい見た目で、おみやげに最適です。

小魚と椎茸の旨みを凝縮した「じゃこ椎茸」や、フグの身とフグの子の糠(かす)漬けを詰めた「ふぐ親子漬け」など、6種類の味が楽しめます。
種類豊富な佃煮を加賀友禅柄のパッケージで包んだ「華カップ」と、ギフトに最適な詰め合わせ「華ごころ」も人気。

雅やかなパッケージは、加賀友禅作家・毎田健治さんの作品です。「ごりの佃煮」や「花くるみ」など、金沢の伝統の味が楽しめます。
地元で愛され続ける伝承の味を、ぜひ楽しんでみてください。