たまご特有の臭みが少なく、たまごが苦手な人にも「食べやすい!」と噂のたまご、宮城県白石蔵王のブランドたまご「竹鶏たまご」。

そんな「竹鶏たまご」のうまみを活かした、とろけるような口どけのプリン「竹鶏のたまごぷりん」をご紹介します。
「竹鶏のたまごぷりん」の重要な素材は、なんといっても「竹鶏のたまご」。

宮城県の小さな町にある「竹鶏ファーム」で生産された「竹鶏のたまご」は、竹炭により、たまご特有の生臭みが軽減、たまごが苦手な人から「食べられるようになった!」という声が聞こえてくるほど評判のたまごなんです。
「竹鶏たまご」をプリンに仕上げたのは、宮城で人気のプリン専門店「ぷりん家」。

「ぷりん家」は、素材の味や内容成分はもちろん、それらに懸ける情熱やひたむきさを納得・共感できたものを選んで使用しているそう。

また、材料が決まってからも、焼く温度を1℃ずつ変 え、焼く時間を1分ずつ変え、砂糖の量を10gずつ変え、 その他調整を重ね、試行錯誤を重ね、一番おいしいプリンを目指して日々作っているとのこと。
専門店ならではのこだわりがたくさんある「ぷりん家」が「竹鶏ファーム」のために作ったプリン「竹鶏のたまごプリン」は、プレーンとペパーミントの2種類。
プレーンのタイプは、卵やミルクの風味が楽しめるやさしい味わい。ペパーミントのタイプは、ペパーミントの清涼感が加わった、さわやかなおいしさが印象的です。

ぜひ、2種類の「竹鶏のたまごプリン」をお取り寄せして、味の食べ比べをしてみてくださいね。