フラワーデザインの世界でその名を轟かせているデンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン。彼がプロデュースするカフェ「Nicolai Bergmann Nomu(ニコライ バーグマン ノム)」は、建物そのものがまるでアートのような美しさ。花やグリーンに囲まれて、ナチュラル素材を活かした料理を味わえます。
表参道駅から徒歩3分、南青山の裏通りへ進んだところにある大型のガラス張りの建物。ここは北欧と和を融合したフラワーデザインで高い評価を得ているデンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンのカフェです。
黒いボックスに色とりどりのお花を敷き詰めた「フラワーボックス」で、一躍その名を轟かせたニコライ・バーグマン。フラワーショップでは「ニコライカラー」と呼ばれる独特の色使いのアレンジメントやブーケがダイナミックにディスプレイされています。

フラワーショップの奥に広がるのが、カフェ「ニコライ バーグマン ノム」です。店内は、壁一面のグリーンや、季節の花が敷き詰められたガラステーブル、デンマーク家具の象徴であるエッグチェアなどが置かれ、とてもスタイリッシュな空間。訪れたこの日の店内は、秋色一色に染まっていました。
カフェのこだわりは、「身体にいいものをたっぷりと」。オーガニック中心の素材を使い、フレッシュなおいしさを届けるために調理法にもこだわります。お店のイチ押しメニューは、デンマークの伝統料理であるスモーブロー。

スモーブローとは、「バターを塗ったパン」という意味で、 たっぷりとバターを塗ったパンの上に、 パンが隠れるほど具材を載せたオープンサンドイッチのことです。
スモーブローを味わうなら、ランチメニューの「スモーブローセット」(1728円)がおすすめ。ドリンク、サラダ、チョコレート&ナッツクッキーが付いており、ドリンクは日替わりで提供されます。しっかりとお腹を満たしてくれるボリューミーなメニューです。

なかでも人気なのは、ひまわりの種やパンプキンシードなどをぎっしり詰めた直径15センチ強のパンの上に、たっぷりのアボカドをのせ、ハーブとエディブルフラワーをトッピングした「アボカド スモーブロー」(1296円)。歯ごたえが楽しくヘルシーな一品です。
スモーブローと人気を二分するのが、栄養たっぷりの「スムージー」。注文したら、その場で作ってくれるフレッシュさも人気の秘密です。全4種類ある中で、一番人気はミックスベリー、バナナ、シナモン、ミルクが入った「BERRY NICE DAY」(702円)。シナモンの香りがふわっと広がり、バナナの甘さとベリーの酸味が印象的です。

クリームたっぷりの「バナナケーキ」や「キャロットケーキ」などのスイーツ(各648円)も充実。一面ガラス張りの開放的な店内はもちろん、天気のいい日は気持ちのいいテラス席でいただくのもおすすめです。
ガラステーブルの花をはじめとするお店のディスプレイは、月1回の定休日に大幅リニューアルされます。ガラリと印象が変わるので、定期的に足を運びたくなるお店です。