2016年10月1日、東京・銀座に開業した商業施設「Okura House」。その最上階に“世界一の朝食”として知られる「bills(ビルズ)」の新店がオープンしました。「bills」ブランドとして世界初のアフタヌーンティーや美しいカクテルなど、銀座店でしか味わえない特別なメニューがいっぱい。さっそくどんなお店なのか覗いてみましょう。
東京メトロ・銀座一丁目駅8番出口からすぐのところに、新商業施設「Okura House」がオープンしました。ラグジュアリーブランドの路面店が並ぶエリアです。
その最上階に入っているのが、“世界一の朝食”が食べられるということで、世界中で人気になっているカジュアルダイニング「bills」。

銀座店のインテリアは、“サファイア、ゴールド、エメラルドなどの宝石が、自然光や照明に照らされてキラキラ揺らめく”というイメージで、デザインされたそう。特に目を引くのは、重厚な大理石のバーカウンター。銀座の夜景を楽しみながら、お酒も飲めますよ。
「ロブスターリングイーネ w/ チェリートマト、シーアスパラガス」(2160円)は、銀座店限定メニュー。お皿がテーブルに運ばれてきた瞬間、ロブスターの良い香りがするので、食欲が刺激されます。
ぷりぷりしたロブスターの旨み、トマトの風味、かすかな塩味が感じられるシャキシャキしたシーアスパラガスが、口の中で絶妙に混じり合う一品です。
とても美しいピンクのカクテル「ローズ マティーニ」(1296円)も、銀座店限定。酒、ローズ、キュウカンバーウォッカがミックスされています。すっきりした飲み口ですが、ふんわりローズの香りも漂って、思わずうっとりしてしまいそう。
「bills」初の「アフタヌーンティー」(2名様 7560円)は、銀座店の看板メニューになりそう。「スクランブルエッグオープンサンド」「クラブ&チリオープンサンド」など3種類のオープンサンド、「ピスタチオシュークリーム」「ジャスミンパンナコッタ」など6種類のスイーツ、スコーン、ミニパンケーキに、紅茶がつきます。
シャンパーニュの中でもトップクラスの造り手「ビルカールサロモン」の「エクストラ ブリュット」(1728円)や「ロゼ」(3240円)もあるので、優雅にシャンパンと一緒に楽しむのもおすすめ。

「bills」といえば、「リコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター」(1728円)を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。
もちろん、銀座店でも食べられます。リコッタチーズが練りこまれたふわふわのパンケーキは、何度食べてもたまりません。
オセアニア発のスイーツ「パブロバ w/ ルバーブ ローズウォータークリーム」(1296円)もありますよ。「bills」のパブロバは、エリザベス女王も絶賛したのだとか。
サクサクした軽いメレンゲの上に、柔らかいローズウォータークリームと甘酸っぱいルバーブがのっていて、中には香ばしいナッツも入っています。
気になるメニューがあったら、ぜひ足を運んでみてくださいね。銀座一等地ならではのシックな空間で、素敵な時間を過ごせるはずです。