舞台を中心に、映画やドラマ、バラエティ番組など様々分野で活躍する村井良大。響きの良い声と端正なルックスで人気を集める若手実力派俳優は、どんな役柄もそつなくこなしているように見えるが、本人は「器用に見られるけど、実は不器用なんです」と白い歯を見せる。まもなく公開を迎える出演作『真田十勇士』について、村井に話を聞いた。

 『真田十勇士』は、名将と言われる真田幸村が実は臆病な武将だったという斬新な発想を基に製作され、2014年に大ヒットした同名舞台の映画化。村井は劇中で、幸村を支える「真田十勇士」の一人で、算術に長けた海野六郎を演じる。映画版については「舞台に出演していた時は、キャストのみんなで冗談半分に、『堤監督で映画化できたらいいね』と話していたんですけど、まさか実現するとは思わなかったです(笑)」と明かす。

 撮影については、「もともと仲の良いメンバーなので、和気あいあいとしていました」と言い、「撮影をしている時に、僕らは『天の声』と呼んでいるんですが(笑)、監督の指示がマイクを通じて聞こえた時に笑いが起きたりするのが、舞台の時に似ていて懐かしかったし、映画を撮っているんだなという緊張感もあって、楽しかったですね」と満足そうに振り返る。

 また、「僕がクランクアップをするときに、キャストのみんなが見守ってくれていた」ことが印象的だったと述懐。「普通、クランクアップは監督とスタッフから祝われるものなんですが、ずっとキャストがいてくれたのは嬉しかったですし、幸せな現場だなと思いました」と感慨深い様子で当時を思い起こす。

 「海野は頭脳派なキャラクターなんですが、僕も頭を使って行動するし、主従関係を大切にするタイプなので、ベースはけっこう似ているなと思います」と話す村井。ゆえに器用だと思われるそうだが、実際は真逆だという。「監督やプロデューサーから、『器用にやるね』とよく言われるんですけど、本当に僕のことを知っていてくれる人からは、『お前不器用だな』と言われます。器用と言われるのは恐らく見た目のせいで、『不器用だな』と言われる方が、自分のことをよく見てくれているんだなと感じます。今回の現場でも、NGを出すと『珍しいね』と言われたりしたんですが、こっちは全然余裕がないんです。映画は慣れていなくて、テストやったらすぐ本番となると、『まだ、準備できてないんですけど…』と思っていました(笑)」。

 劇中では、幸村に対する十勇士の確固たる忠誠心が感動的に描かれる。村井自身がついて行きたいと思う男は「自分より位が低い人を、そう見ない人」だそうで、「人によって態度を変える人は絶対嫌だなという思いがあって、誰に対しても同じように接してくれる人は、すごく信頼できる」とのこと。

 最後に、好きな歴史上の人物を聞くと、「豊臣秀吉ですね。一番低い位からトップに上り詰めたので、自分にも可能性があると思えます。演じてみたいのも秀吉です。秀吉ができそうな体格でもありますし(笑)、自分に近い部分を感じますね」と答えてくれた。これからの俳優人生で、秀吉のように出世街道を駆け上る村井の活躍に期待したい。(取材・文・写真:岸豊)

 『真田十勇士』は絶賛上映中。