米国のスタントマン、エディー・ブラウンが、 “伝説の渓谷”とされる スネーク川の渓谷を越えることに成功した。渓谷は約427メートルで、南アイダホに位置する。ブラウンは、時速約644キロのロケットで空高く打ち上げられ、パラシュートで無事着陸を果たした。

 海外メディアSKYNewsによると、ブラウンの今回の挑戦は、同じくスタント俳優であるエベル・ナイベルに捧げたものだという。ナイベルは1974年9月8日ににこの渓谷越えに挑戦したものの、パラシュートが開くタイミングが早すぎたために失敗。彼は軽傷を負った。

 ブラウンによると、今回使用したロケットはナイベルが使用したものと全く同じ“X2 Skycycle”型で、“Evil Spirit”と名付けられている。もしパラシュートが適切に開きさえすれば、スタントマンがこの渓谷越えを達成できるということを証明したかったと言う。ブラウンの今回の挑戦は、ナイベルの失敗後初めてのこと。

 この挑戦の前には、ロケットのテストに数ヵ月が費やされた。オリジナルの“X2 Skycycle”の発明者の息子、スコット・トルオクスが今回のロケットの設計を手掛けている。パラシュートを除き、父親の設計図通りに製作したという。

 ブラウンは「私は、ナイベルができなかったことをしている、という訳ではない。単純に、彼の夢をやり遂げているだけだ。自分の憧れの人の夢を実現するなんて、どれだけの人ができるだろうか」とコメントしている。