『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)より、宣伝大使に就任した俳優・ミュージシャンのDAIGOが登場する魔法のような、特別映像が到着した。

 魔法界にとっても謎の多い魔法動物たちを調べ、保護するために、不思議なトランクの中を魔法動物でイッパイにしてニューヨークを訪れた魔法動物(ビースト)学者のニュート・スキャマンダーが主人公となる本作。ある日、ニュートが大切にしている魔法のトランクが人間のものと取り違えられてしまい、魔法動物たちが一斉に逃げ出し、街中がパニックに。仲間になったティナとクイニー、そして人間であるジェイコブとともに魔法動物を追跡するうちに、人間界と魔法界をめぐるある大事件に巻き込まれていく。ニュートは、2つの世界を危機から救えるのか!?

 公開された映像では、『ハリー・ポッター』全作や、『ゼロ・グラビティ』なども手掛けているプロデューサーのデイビッド・ヘイマンから、「きっと、この映画を盛り上げて日本中に魔法をかけてくれると信じています!FBY!“ファンタスティック・ビースト・よろしく!”WISH!」と“DAI語”で宣伝大使としてのお墨付きをもらったDAIGOが登場。

 先日行われた就任式では「僕は日本で一番動物と触れ合っているロックミュージシャンなのですが、KP(河童)が魔法動物だとは知らなかったです」と明かしていたDAIGO。映像では、就任式で授与された誰も知らない魔法を放つ“ニュートの杖”を手に、“ニュートの相棒”ボウトラックルをはじめ、お気に入りだと明かしていた“キラキラ大好き”二フラーなど可愛くも危険な魔法動物たちと魔法や、主人公ニュートについても紹介すると、ヘイマンに負けじと「FNY」とDAI語を披露。

 監督を務めたデヴィッド・イェーツは「本作は、『ハリー・ポッター』の大人版ではないよ。J.K.ローリングが描く魔法の世界の魅力や、人間性、遊び心が全てあるんだ。もっと興味深い領域に連れて行ってくれると思う」と新たな魔法の世界がよりスケールアップしていることをほのめかしている。