カリフォルニア在住のスタント俳優が、心臓が止まりそうな真っ逆さまジャンプの様子をGoPro動画で披露した。ラグナビーチにあるリゾートホテルの優雅なバルコニーの様子から突然、視界は真下にやや小さく見えるプールに向けて真っ逆さまに落ちていく。常人ではありえない視点に、ただただ息を飲むばかりだ。

 海外メディアUPIによると、彼はスタント俳優のトーマス・ジョンソン。動画では、ジョンソンはまず“進入禁止”のフェンスをやすやすとよじ登り、通路を全力疾走。そして、外へ出るために階段を軽快に駆け下りる。そしてまたフェンスを軽々と飛び越え、屋外の広場へと到着。広場はその眺めからかなり高い位置にあることがわかる。

 周囲には誰もおらず、一人きりのジョンソンは広場の端まで再び全力疾走。下を眺めると、そこには美しいプールがやや遠くに見える。改めて下を見ると、やはり結構な高さである。そこでジョンソンは突如、プールめがけてジャンプ。一般人であればプールサイドにぶつかり大怪我も免れないような際どさを感じるが、ジョンソンは淡々とやり遂げ、ビデオは終了する。