東宝株式会社とワーナーブラザースジャパン合同会社が初めて共同製作・配給する“超大型邦画企画発表”と銘打たれた会見が28日、都内で行われ、荒木飛呂彦の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部が『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』というタイトルで実写映画化および、監督に三池崇史、主人公・東方仗助を山崎賢人が務めることなどが発表された。

 常に実写映画化の話があがっていた人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』がついに始動する。会見の臨んだのは、山崎のほか神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介という豪華メンバーだ。

 主人公・東方仗助を演じる山崎は「よろしくお願いいたします」と大きな声で第一声を発すると「来年30周年と、自分の生きた時間より長く愛されている作品の実写化ということで、とにかく頑張るしかない気持ちです。不安はたくさんありますが楽しみたいです」と緊張気味に大役を任された感想を語る。

 仗助の友達・広瀬康一を演じるのは神木は「プレッシャーは大きいですが、頑張るしかないです。どういう風に康一を見せていくか、どう思ってもらいたいか、慎重に役作りをしていきたいです」とこちらも緊張気味に発言。そんな中、逃亡中の凶悪連続殺人犯役・片桐安十郎を演じる山田は「大きな作品、しかも東宝とワーナーが組むなんて気負いしそうなんですが、僕が演じる片桐は史上最低な殺人鬼。僕の素に近いので役作りも大変じゃないかなと思うと緊張しないです」と周囲を緊張をよそにマイペース発言で周囲を笑わせていた。

 仗助の同級生・山岸由花子を演じる小松は「とても緊張していますが、その緊張をいい緊張に変えてやっていきたい」と意気込みを語ると「わかめいっぱい食べて髪の毛を伸ばしています」と茶目っ気たっぷりに語っていた。その他、仗助の甥・空条承太郎には伊勢谷、虹村形兆役には岡田、虹村億泰役には真剣、仗助の祖父・東方良平には國村準、仗助の母親・東方朋子には観月ありさが務めることも発表された。

 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章』は2017年夏公開。