人気コミック『デスノート』。新作映画『デスノート Light up the NEW world』の公開が待たれる中、ネットで配信中のスピンオフ作品、オリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』に“L”の後継者であるニアが登場。さらに、声優の阪口大助が演じることが分かった。

 オリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』は、新作映画の登場人物たちを主人公にした作品。デスノート対策本部特別チームの捜査官・三島(東出昌大)の「三島篇・新生」、Lの遺伝子を受け継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)の「竜崎篇・遺志」、そして、新たにキラの信奉者であるサイバーテロリスト・紫苑(菅田将暉)の「紫苑篇・狂信」が配信される。

 阪口大助演じる“ニア”が登場するのは、配信中の「竜崎篇・遺志」。竜崎が日本での密室事件を捜査するうちに、デスノート事件への参加を決意するまでを描く本格推理サスペンス。なぜ竜崎が事件への参加を決めたのか。Lとの約束とは何か、その経緯と詳細が明かされる。

 オリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』は、Huluほか各ビデオオンデマンドサービスで配信中。「三島篇・新生」「竜崎篇・遺志」に続き、9月30日から「紫苑篇・狂信」が配信スタート。