過去3作の日本国内興行収入は112億円を突破、社会現象にまで発展した人気シリーズ『デスノート』。第1作公開から10年を迎える今年、完全新作映画『デスノート Light up the NEW world』が公開される。キャストや内容が明らかにされるなか、ファン待望の本編映像が解禁された。

 映画『デスノート Light up the NEW world』は、旧作『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』の続編。

 キラこと夜神月と、世界的名探偵“L”のデスノートを巡る対決から10年後。世界中のネット回線がジャックされ、「デスノートを手に入れろ」というキラからのメッセージが発信される。死神により、新たに地上にもたらされる6冊のデスノート。デスノート対策本部、Lの後継者、キラの信奉者たちによる壮絶な“頭脳戦”が始まる。

 今回、解禁された映像は、三島創(東出昌大)らデスノート対策本部のメンバーが事件発生現場へ向かう車中のシーンからスタート。車内のモニターに映される被害状況に、メンバーのひとり、浦上衛(大迫一平)は「まるで、通り魔だな」とつぶやく。

 その後、映像は渋谷のスクランブル交差点へ。そこに佇むのは、深くフードを被る青井さくら川栄李奈)。キラとは正反対の“思想を持たず無差別殺人を行う”デスノート保持者として描かれるが、不敵な笑みを浮かべながら、赤く光る“死神の目”を通してすれ違う人の名前をデスノートへ書き込んでいく。

 映画『デスノート Light up the NEW world』は、10月29日から全国ロードショー。