人気マンガアプリ「comico」で絶賛連載中の同名コミックの実写映画『ReLIFE』で、中川大志と平祐奈がW主演を務めることが明らかになった。17歳と27歳を演じ分ける主人公の中川は「18歳の自分にとって、大きなチャレンジ」とやる気をみなぎらせている。

 本作は、トラウマを抱えた27歳ニートの主人公・海崎新太が、社会復帰実験プログラム「リライフ」の被験者として1年限定で見た目だけ若返り、学園生活を送りながら、コミュニケーション音痴の女子高生・日代千鶴と織りなす恋模様を描く。メガホンを取る古澤健監督は「いままさに高校生活を送っている若い人たちの日常を、そしてかつて高校生であったおとなたちの思い出を、もっと輝かせるリアルを追い求めてみようと思っています」と意気込みを語っている。

 主人公の新太役に抜擢された中川は、NHK大河ドラマ『真田丸』や、映画『四月は君の嘘』『きょうのキラ君』など話題作への出演が相次ぐ、今最も注目の若手俳優。劇中では、17歳と27歳の新太をそれぞれ演じ分ける中川だが「18歳の自分にとって、27歳を演じるという事が大きなチャレンジなので、とても楽しみです。ビジュアルの面は、スタッフの皆さんと共に、27歳と17歳のギャップをリアルに作れたらと思っています」とのこと。不器用過ぎる女子高生の千鶴役を務めるのは、映画『青空エール』で見せた好演によって人気急上昇中の平祐奈。本作では千鶴に似せ、前髪をバッサリとカットし「マンガを見ながら“ニタッ”とした笑顔の練習をしています」と、すでにやる気十分なようで、今までにない平の魅力をみることになりそうだ。

 中川は、初主演映画『青鬼 ver.2.0』『通学途中』『きょうのキラ君』に引き続き、本作が主演4作目。一方の平は、W主演をつとめた『案山子とラケット 〜亜季と珠子の夏休み〜』に続き、本作が2作目の主演映画となる。

 『ReLIFE』は2017年4月15日公開。