12月15日から再演が決定している、舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」の刀剣男士12振りのキャラクタービジュアルと、物語に関わる人物2名のビジュアルが公開された。

 本作は、大ヒットゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』の舞台版で、2016年5月に東京・大阪で上演された作品の再演。そもそも、原作となっているゲームは、名だたる刀剣が刀剣男子と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成していくというシミュレーションゲームで、女性を中心にブームを巻き起こしている。その舞台版とあって、初演時には連日満員、千秋楽のライブビューイングには計4万人以上が観劇するほど、高い人気を博している。

 鈴木拡樹演じる三日月宗近など、人気の高いキャラクターはもちろんだが、初お披露目される、新キャストの瀬戸祐介が演じる江雪左文字と、健人演じる鶴丸国永のビジュアルにも注目。さらに丸目聖人が演じる森蘭丸と、窪寺昭が演じる明智光秀の姿も解禁となった。

 初演時のブルーレイがオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録するなど、いまだ熱いブームの最中にある『刀剣乱舞』。本公演の続報も期待して待ちたい。

 舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」は、12月15日〜30日に天王洲 銀河劇場ほかで上演。